誰でも充電できる「公衆コンセント」サービス、実証実験が8月23日よりスタート

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

スマートフォンやノートパソコンのパッテリーが減ってきたときに、簡単&便利に充電用のコンセントを利用できるサービス「espot」の実証実験がスタートします。

今回は東京都のみの実証実験ということで期間は限定されるとのこと。配置スポットも多くありませんが、これから一般的になっていくかもしれません!

ただし有料、20分間100円から

「espot」は、20分100円を標準価格(設置店によって異なる可能性あり)としてスマートフォンやノートパソコンの充電ができるサービス。

店舗に設置された認証型コンセントから充電が可能。このコンセントにはUSBも設置されており、コンセントと同時に利用することができます。

支払いは設置店舗で販売されるプリペイドカードか、QRコードで読み取る方式のクレジットカード決済が利用可能。

実施地域は東京都千代田区、中央区、港区、新宿区、江東区、目黒区など。各エリアの大戸屋5店舗に41台、ローソン25店舗に96台、東京テレポートセンター管理ビル6カ所に13台が設置されています。詳しいスポットの場所については公式サイトをチェックしてみてください!

また、実施期間は2016年8月23日から2017年1月9日まで。実証実験ということで期間が決まっているので注意です。

出先での充電にはコンセントを開放しているカフェなどを利用される方が多いと思います。そんな中で「espot」が普及するのか、実証実験の結果が楽しみです!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:espot

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事