Apple、iPad Pro文鎮化問題の影響でiOS 9.3.2公開を取りやめへ

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

先日リリースされたiOS 9.3.2ですが、iPad Pro 9.7インチモデルでアップデートを適用すると端末が文鎮化(起動しなくなる)問題が発生していました。

この問題を受けてAppleは、iPad Pro 9.7インチモデル向けiOS 9.3.2を非公開としたそうです。9to5Macが伝えています。

iPad Pro 9.7インチモデル以外はアップデート推奨

報告されている文鎮化現象は、端末が起動不能となり「Error 56」とiTunesへ接続するよう促す画面が表示されるものの、接続しても何も起きず自力で復元できなくなるというものでした。

Appleは、この現象が発生した際はサポートへ連絡するよう呼びかけていましたが、今回応急処置的にアップデートの配信を停止しました。

9to5Macによると、Appleは「問題に対する修正に取り組んでおり、可能な限り迅速にアップデートをリリースする」とコメントしているそうです。

iOS 9.3.2には、閲覧履歴を完全に削除できない問題、ロック画面を迂回してSiri経由でiPhone内の写真や連絡先にアクセスできてしまう脆弱性、悪意のあるコードを実行するウェブサイトへの脆弱性など、様々なセキュリティアップデートが含まれています。(参考:iOS 9.3.2 のセキュリティコンテンツについて

iPad Pro 9.7インチモデルはこういったリスクに晒され続けているということで、Appleには早急な対応が求められます。

また、文鎮化の心配がない端末はアップデートすることで上記リスクを回避できます。お使いのiPad Pro以外の端末はぜひアップデートを!

参考:9to5Mac, gori.me

関連記事