【警報】巧妙な手口でTwitterアカウントを乗っ取る新種のスパムが拡散中

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

TwitterなどのSNSでアカウントが乗っ取られ、身に覚えのない投稿がされているなんて話を聞いたことありますよね。

まさか自分は引っかかるまい…と思っていると思いますが、現在Twitterで新種の乗っ取り型スパムが登場し被害がに広がっているようです。

とにかく存在を知って引っかからないのが一番ですが、乗っ取られた場合の対処法も合わせてご紹介します!

知らないDMやツイートのリンクは不用意に開かないこと

こちらが今、Twitterで被害が拡大している乗っ取りスパム。

英語表記ですが「Who Unfollowed Me?(私をアンフォローしたのは誰?)」と書かれ、なんとなくフォローを外された人を調べられるサービスかな?と思ってリンクをクリックしてしまいそうになりますよね。

そして乗っ取られてしまうと、乗っ取り用のURL付きのDM(ダイレクトメッセージ)を送りまくるようでこれにより被害が拡大しているようなんです。

送られてきたリンクを開くと場合によっては、そのままこのスパムのアプリと連携してしまう場合もあるようで、気が付かない内に乗っ取られてしまう可能性もあるとのこと。

またtwitterと連携設定するこのスパムアプリの名称が「Twitter for Windows」となっていて、見た目も公式っぽく見えることも被害を広げている一因のようです。これは紛らわしい!

この流れの怖いところは、Twitterの知り合いからDMで送られてくることで、つい警戒心が緩んでしまいリンクを開いてしまうところ。

なんとなく友達がすすめてくれてるのかな?と思って、ログイン⇛連携設定をしてしまったら今度は自分がスパムを拡散してしまうという訳なんです。

という訳でよく分からないDMが届いたら、絶対に開かずこんなDMが来たんだけど何?と確認すれば確実。もしかしたらその人が乗っ取りに気付いていないケースもあるので、教えてあげるといいでしょう。

さて万が一ですがもう既にリンクを踏んでしまった、もしくは友達からこのDMが来ているという方は以下の対処法で、スパムのアプリ連携を解除することができます。

手順としてはSafariでWeb版twtterを開き、共有メニューから「デスクトップ表示に切り替え」を選択。

表示が変わったら、右上の自分のアイコンをタップして設定を開きます。

デスクトップ表示で少し文字が小さいですが、ここでメニューの「アプリ連携」を見れば今連携されているアプリの一覧がずらっと表示。

あとは今回のスパム「Twitter for Windows」を見つけて、「許可を取り消す」ボタンを押せば完了です。

ついでに見覚えのない連携があったら、この機会に連携を解除しておくといいかもしれませんね。

ということで、以上現在被害が拡大中の乗っとりスパム「Who Unfollowed Me?」についての解説と対策をご紹介しましたが、乗っ取りは自分が被害にあうだけでなく、周りにも迷惑を欠ける行為となってしまいます。

たとえ知り合いからのDMでも知らないリンクは開かない、不用意にアプリ連携をしないことを心がけるだけでも違うと思いますので、皆さんは被害に合わないよう気を付けてくださいね。


関連記事