iPhone 7sのデザインはiPhone 4にソックリ?ワイヤレス充電やさらなる大型化の予測も

投稿日:

by kimi

Photo credit: vernieman via Foter.com / CC BY

こんにちはkimiです。

iPhoneはデザインが新しくなるメジャーアップデート版と、機種の最後に「s」がついて中身が一新するマイナーアップデート版が一年ごとにリリースされてきました。この流れで行くと、今年は「iPhone 7」が出て、来年はそれを改良した「iPhone 7s」が出ると見られています。

しかしApple製品に詳しいアナリストによると、来年こそiPhoneシリーズ大刷新の年になるんだとか。デザインの変更はもとより、さらに新しい画面サイズも登場するとのこと。一体どうなるのでしょう…?

有機ELディスプレイの5.8インチモデルや、ワイヤレス充電機能!?

「iPhoneの2年に1回のメジャーバージョンアップの法則が崩れるかもしれない」と予測したのは、かみあぷで何度も紹介しているKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏。

かつてiPhoneに指紋認証機能がつくことや、2016年に4インチのiPhoneが復活することなどを見事的中させてきました。

Photo credit: Janitors via Foter.com / CC BY

同氏はこれまでの流れならiPhone 7のマイナーアップデート版が発売されるであろう来年に、iPhoneのデザインが大きく変化することを予測しています。

具体的にはiPhone 4に似たデザインになり、5.8インチのAMOLEDと呼ばれる有機ELディスプレイを採用した曲面のディスプレイや曲面ボディが採用されるとのこと(写真は曲面ディスプレイを採用したGALAXY Note Edge 2)。

Photo credit: TechStage via Foter.com / CC BY-ND

5.8インチ型のディスプレイなんか搭載したら持ちにくそうだ、と思われるかもしれませんが、端末自体は現在のiPhone 6s Plusよりも小型化するそうですよ。

そして現在のiPhone 6s Plusであるような5.5インチモデルは販売終了し、2017年には4.7インチと5.8インチのモデルが発表されるとのこと。

Photo credit: Yanki01 via Foter.com / CC BY

その他にもワイヤレス充電や、顔もしくは目による生体認証機能の搭載も予想されているようですが、その辺りのことは詳しく述べられていないよう。

もちろんこの予測が外れる可能性もありますが、iPhoneのさらなる進化に期待したいですね…!

kimi
Photo credit: vernieman via Foter.com / CC BY

関連記事