【豆知識】MNPの目安に!「通信速度」と「必要な速度」について知っておこう

更新日:

by yumi

先日、ソフトバンクから格安SIMのDMMモバイルに乗り換えた模様をご紹介してから早1週間。

さっそく使用した感想を…の前に、まずはやはりみなさんが格安SIMを検討する中で一番気になる「通信速度」について解説していきたいと思います。

これを知っておくと、キャリアを決める時の参考になりますよ〜!

3キャリアが「理論値」から「実効速度」へ

まずは大手キャリアについて見ていきましょう。ドコモ、ソフトバンク、auは、これまで通信速度を「下り最大150Mbps」「上り最大50Mbps」等、理論値で発表していましたよね。

しかしこれは「あくまでも理論的に可能な数値」であり、実際の速度とは異なることも多く、ユーザーにとってはあまり意味のない数字でした。…が、先日総務省の働きかけにより各キャリアが同一の条件で速度を測定し「実効速度」の発表に至りました。

各社が発表した数値はそれぞれ、

【ドコモ】

  • iOSの実効速度(下り):49~89Mbps
  • iOSの実効速度(上り):14~30Mbps

【ソフトバンク】

  • AndroidとiOSの実効速度(下り):42.5~76.6Mbps
  • AndroidとiOSの実効速度(上り):16~26.1Mbps

【au】

  • AndroidとiOSの実効速度(下り):50~103Mbps

となっています。上りは「アップロード」下りは「ダウンロード」なので、主に「下り」の数値が大事になってきますが、各社とも「理論値」には程遠いもののそれなりの数値になっているのが分かります。

しかしここで1つ疑問が。この「Mbps」ってなんなんでしょうか?容量を表す「MB(メガバイト)」と同じようなものじゃ?と思いきや、実はちょっと違うんです。

MbpsとMBの違い?

「MB」は、みなさんもご存知かと思いますが「Mega byte(メガバイト)」の略で、容量を示す単位

一方「Mbps」は「Mega bits per second」という1秒間の通信速度を示す単位で、まったく意味が異なります。

しかし1メガバイト(byte)8メガビット(bits)と計算することが可能なので、例えばキャリア理論値の150Mbpsなら150÷8で「1秒間に18.75MBのデータを通信できる」ということ。

(フルに1分使えば、18.75MB×60秒=1,125MBと、たった1分通信しただけで1GBを超えてしまう計算になりますw)

さて「Mbps」については分かっていただけたと思いますが、これだと「じゃあやっぱりMbpsの数字が大きければ大きいほどいいじゃん」となりますよね。

しかし果たしてそうなのでしょうか?私たちがiPhoneでブラウジングやLINEなどのアプリを使ったり、動画視聴に必要な「実際の数値」はどれくらいなのかを見てみると、意外な事実が分かりましたよ…!

実際に必要な速度はどれくらい?

まずは私たちが「iPhoneの機能の中で、通信を使うもの」をピックアップしてみましょう。

  1. メールやLINE
  2. LINEやSkypeなどでの通話
  3. ネットブラウジング
  4. TwitterなどのSNS
  5. ゲーム
  6. Googleマップなどでのナビ
  7. YouTubeなどでの動画視聴

主にこの7つかと思いますが、ここで一般的に通信速度と通信量が早く多く求められるのは「⑦YouTubeなどでの動画視聴」ですよね。

動画が問題なく見られる速度が分かれば他の機能も問題なく使えるはず。ということで動画視聴についての通信速度を見てみると…インターネット契約ナビさんによれば動画の再生に必要な速度は、

  • YouTube(360p:低画質):0.5Mbps以上
  • YouTube(480p:中画質):1Mbps
  • YouTube(720p:高画質): 2Mpbs
  • YouTube(1,080p:超高画質): 3.5Mbps

とのこと。なんと超高画質だとしても5Mbpsもあれば十分なんだとかΣ(゚Д゚)

Photo credit: .reid. via Visualhunt.com / CC BY

えー本当にィ?とちょっと疑ってしまったので、YouTubeアプリで1分30秒の動画を見て計測してみました。その結果は…0.68Mbps(0.085MB/秒)。もう1回2分の動画で測った結果も0.81Mbps(0.1MB/秒)

Wi-Fi環境下ではないので画質は自動設定となりおそらく144p〜240pほどだとは思いますが、本当に1Mbpsも必要ないとの結果に。これは驚きですね…!

もちろんテザリング等、iPhoneの使い方によってはもっと早い通信速度を求める方もいるかもしれませんが、Wi-Fi環境も整ってきている今、すべての人にとって「速度は早ければ早いほど良い」と言うわけじゃない、ということがおわかり頂けたかと思います。

ということで、今回は通信速度について解説してきました。こういった数字に惑わされず、自分に1番合ったキャリアを見つけていきたいですね!

さて次回は今回の解説を元に、格安SIMの使用感をお伝えしたいと思います。そちらもお楽しみに!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:IT Media

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事