【実録】格安SIMに乗り換え!実際の申し込みから設定方法まで

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

去年、発売と同時に購入したiPhone 6s。「格安SIMに乗り換えるぞー」というつもりでSIMフリー版を購入したのですが、キャリアの契約更新月(※1)が12月中旬〜1月中旬ということもあり、すぐには乗り換えられず…。

この度ようやく更新月となりMNPしたのでその模様をお伝えします!格安SIMに乗り換えを考えている方、ぜひ参考にしてみてください☆(ゝω・)v

※1 一定の契約期間(俗にいう2年縛り)が定められている料金プランや割引サービス等に加入している際、違約金がかからずに契約内容の解約ができる期間のこと。

iPhone 6sのSIMフリー版を購入!

2015年9月25日に発売されたiPhone 6s/6s Plus。私は格安SIMに乗り換えを考えていたため、SIMフリー版を購入しました。

購入後に自分のキャリア契約更新月を調べてみると、なんと発売から約半年後の12月中旬〜1月中旬orz

違約金を払っても、格安SIMならすぐに元が取れる…とは一瞬考えたのですが、長いこと使ってきたのに違約金を払うなんて嫌だヽ(`Д´#)ノと根っからの貧乏性を発揮し、1月まで待つことに。

そしてこの度ようやくMNPしちゃいましたよ〜!私がチョイスしたのは、格安SIMの中でも最安値を誇る「DMMモバイル」。

ということでさっそく「DMMモバイルを選んだ理由」と「乗り換えまでの模様」をお伝えします!

DMMモバイルを選んだ理由

今回、私がDMMモバイルを選んだ理由は2つあります。1つは「月額料金が安いこと」、そしてもう1つは「通信の速さが安定していること」。

まずは「月額料金の安さ」についてですが、これは格安SIMを使う上で一番気にする部分と言っても過言ではないですよねw もちろん私も例に漏れず月額料金が一番安いところで探したのですが、これはかなり悩みました。

私が悩んだのは、「DMMモバイル」とFREETELの「FREETEL SIM for iPhone/iPad」の2つ。

DMMモバイルは音声通話付プランで月7GBが2,560円なのですが、「FREETEL SIM for iPhone/iPad」は使った分だけの段階制なんです。

例えば月8GBまでだと2,840円ですが、月3GBならなんと1,600円(※2)。月によって使う通信量が2GB〜5GBとバラバラな私にとってかなり魅力的!…だったのですが、ここで「DMMモバイル」に決めた理由、2つ目に繋がります。

※2 どちらも音声通話付プランの場合

2つ目の理由は月額料金と同じくらい気になる「通信の速さ」。

格安SIMユーザーの口コミを見る限り、FREETELもDMMモバイルも「1番速い!」というわけではなく、速度で評判が良いのはau系列の「UQ Mobile」のようでした。

その中で「DMMモバイルの方が若干FREETELよりも速い」という意見を見かけ、料金もさほど変わらないためFREETELは私の選択肢から外れたというわけです。

しかしここで台頭してきたのが、速度で評判の良い「UQ Mobile」w

ですが問い合わせたところ、「現時点でiOS 9に未対応」と知り…すでにiOS 9にアプデしていて、常に最新のiOSを使いたい私の選択肢からは残念ながら外れてしまいました。

このような紆余曲折を経て「DMMモバイル」を選択したわけでございます!ということで、ここからは実際の申し込みから設定までを解説していきますね。

※上記は私個人の意見と見解です。記事で申し上げた各格安SIMの通信速度などは実際とは異なる場合もありますのでご了承ください。

申し込みからSIM到着まで

「DMMモバイル」は実店舗がなくネットでの申し込みなので、必ず電話と通信が不通になる期間が存在します。なので、ここからは時系列順に紹介しますね。

1月17日(日)15:41

ソフトバンクへMNP予約番号の発行をしてもらうため電話。日曜だから混んでいたのか、繋がるまで15分ほどかかりましたが、繋がった後はすんなりと番号を発行してもらいました。

1月17日(日)16:01

ソフトバンクからSMSでMNP予約番号が届く。

1月17日(日)16:05

DMMモバイル申込手続き。DMMモバイルから会員登録認証メールが届く。

1月17日(日)16:25

引き続き、クレジットカードや本人確認のための書類の登録手続き。「本人確認完了」のメールが届く。

ここで一旦、こちらで出来ることは完了となりました。あとはDMMモバイル側での手続きを待ちます。

1月18日(月)15:05

DMMモバイルから「初回ご利用料金決済完了のお知らせ」メールが届く。登録したクレジットカードから、

  • プランの月額料金を日割りした金額:617円(※3)
  • ユニバーサル料:2円
  • 契約事務手数料:3,240円
  • 計3,859円

の決済が行われました。

※3 今回わたしが契約したのは音声通話付プラン(5GB)1970円です。

1月19日(火)15:00ぐらい

気づくとiPhoneが圏外に。おそらくここでソフトバンクからDMMモバイルへの切り替え作業が完了したんだと思います。

1月19日(火)22:06

DMMモバイルから「商品の発送に関するお知らせ」メールが届く。どうやらSIMが発送されたようです。

ちなみに配送会社はクロネコヤマト、伝票番号も記載されていたので配送状況はネットから確認することができました。

1月20日(水)10:00

ついに自宅にSIMが到着!17日に申し込んで、たった3日でSIMを手にすることが出来ました。

※DMMモバイルはドコモ系列のため、ドコモ表記となっています。

電話&通信の不通時間は20時間ほど。…ですが実際は編集部から帰宅後にSIMを手にしたので、20日は丸1日不通状態でした。

外出する時は絶対に不通の時間を作りたくない!という方は、ある程度まとまった休みが取れる時に乗り換え手続きをするといいかもしれません。

DMMモバイルSIMの設定方法

さてここからSIMの設定をしていきますよ〜。まずはiPhoneのバックアップをiTunesで取り、今入っているSIMを取り出します。

説明書がSIMと同封されていたので、見ながら作業を進めます。まずはDMMモバイルのSIMを挿入。

その後、通信するための設定を行います。

iPhoneをWi-Fiに繋いだらこちらのサイトへアクセス→「iOS端末」→「2015年6月16日13時30分以降にご入会された方はこちらをダウンロード」へ。

右上の「インストール」→パスコードを入力→再度「インストール」をタップ。

これで無事設定が完了!この後、私の場合1分もかからずすぐにLTEでの通信が可能となりましたよ。

SIMの設定自体は、丁寧な説明書が同封されていたこともありとっても簡単にできました。「格安SIMって自分で設定しないといけないから不安…」という方も、これなら大丈夫かと!

まとめ

ということで今回は私がDMMモバイルを選んだ理由や、申し込みから実際に使えるまでをご紹介しました。

SIMフリー版の方はもちろん、今後はSIMロック解除ができるようになるので格安SIMへの乗り換えを考えている方も多いはず…そんな方々にとって当記事が参考になれば幸いです!

次回は一定の期間、実際に使ってみて感じた格安SIMのメリット・デメリットをお伝えしようと思いますので、そちらもお楽しみに☆(ゝω・)v

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事