iPhone内に保存した各種ログインパスワードを管理する方法

更新日:

by ハンサムクロジ

iPhoneには標準でパスワード管理機能が搭載されているのをご存知でしょうか。

各種ウェブサービスへのログイン時に入力したアカウントIDとパスワードを記憶して、入力の補助をしてくれる機能です。

今回は、この機能によってiPhoneに保存されたパスワードを管理する方法をご紹介します!

保存したパスワードを管理する

iPhoneのSafariでウェブサービスへログインすると、以下の画像のように「このパスワードを保存してもよろしいですか?」などと書かれたポップアップが表示されます。

ここで「パスワードを保存」を選択すると、iPhone内に使用したアカウントIDとパスワードが保存されます。

保存されたパスワードは、設定アプリから管理可能。アプリを開いて一覧にある「Safari」をタップし、次のページで「パスワード」を選択します。

Touch IDかパスコードによる認証が求められるので、入力して管理画面に入りましょう。

すると保存されているアカウントIDとパスワードが一覧で表示されています。

リストから選択すると詳細が表示され、パスワードを変更した際の再設定など保存内容の編集ができます。

その他不要なパスワードを削除したり、新たなパスワードを登録することも可能。

パスワードの追加は、一覧で「パスワードの追加」を選択して情報を入力すればオーケー。

パスワードの削除は、一覧で「編集」をタップし、削除したいパスワードをチェックして左上の「削除」をタップします。

誤ってパスワードを保存してしまった場合など、ぜひこちらから管理してみてくださいね!


関連記事