Twitter、表現の自由を守るために「攻撃的な行為」の内容を更新

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

Twitterが、ユーザーが安心してさまざまな意見や信念を表現するために禁止している「攻撃的な行為」について、その内容を新しいものに更新していました。

どのような行為や発言が「攻撃的な行為」にあたるのかが明確になっています。

さらに、そういった「攻撃的な行為」に対するTwitterの対応も明らかになりました!!

7つの行為を禁止

Twitterが明らかにした「攻撃的な行為」は以下の7つ。さらに詳しい内容については、Twitterのヘルプセンターをチェックしてみてください。

  • 脅迫行為(直接または間接)
  • 嫌がらせ
  • 特定の人種、性別、宗教などに対するヘイト行為
  • 複数アカウントの不正利用
  • 個人情報
  • なりすまし
  • 自傷行為

定義が難しい「嫌がらせ」といった行為についても分かりやすく解説されています。どういった行為が違反に当たるのか明確なのは、安全に楽しみたいTwitterユーザーにとって嬉しいですよね。

以上に該当するような行為をしているアカウント、およびこれに関連するアカウントは、一時的にロックまたは永久凍結されることがあるとのこと。イタチごっこになってしまう可能性もありますが、厳正に対応してくれるようです。

また、以上に該当するようなツイートを発見した場合は、公式アプリからTwitterへ報告することができます。

Tweet画面で「・・・」をタップしてメニューから「報告」を選択し、質問に回答していくだけでオーケーです。

どこまでTwitterが対応してくれるのか、今後の動向に注目しましょう!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Twitter

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事