自分のTwitterアカウントが特定のユーザーにミュートされているか調べる方法

更新日:

by ハンサムクロジ

Twitterに搭載されているミュート機能、みなさん活用していますか?

自分のタイムライン上から相手のツイートを非表示にできるミュート機能は、アカウントへ一切接触できなくなるブロック機能と違い、相手に気づかれることなくタイムライン上でツイートを非表示にできるのが特徴です。

ミュートされた相手も気づかないので、気軽に利用できるのが利点だったのですが……。

最近になって自分のTwitterアカウントが特定のユーザーにミュートされているか調べる方法が明らかになってしまいました!

ということで、今回はこの方法をご紹介したいと思います!!

TweetDeckを使おう

ご紹介する方法は、ニコニコ動画で話題になっていたもの。投稿者のさえずりんこさんが、動画にしてその方法を解説しています。

では実際にやってみましょう。まずはTweetDeckにログインします。TweetDeckはTwitterの公式クライアントなので、安全に利用できます。PCからアクセスしましょう。

ログインが完了したら、まず適当に怪しまれないようなツイートを投稿します。左上の羽マークをタップしてテキストを入力し、右下の「Tweet」ボタンをクリックして投稿します。

次に、ミュートされているかどうか確認したいアカウントを探します。フォロー/フォロワーから探してもいいですし、検索から見つけてもいいでしょう。虫眼鏡マークをクリックしてキーワードで検索できます。

見つけたらアカウト名をクリックして、

プロイールを開きます。ここで「HOME」をクリック。

すると、選択したアカウントがいつも見ているタイムライン(選択したアカウントがフォローしているアカウントのツイート)が表示されます。

この時に、自分のアカウントのツイートが表示されれば安心してオーケー。ミュートされていません。

もしツイートが表示されていなければ、残念ながらミュートされているということになります……。

注意点

この方法で確認できるのは、あくまでTwitterの公式機能を利用してミュートした場合のみです。

サードパーティ製アプリが独自に搭載し、かつ、公式Twitterに反映されないタイプのミュート機能を利用していた場合は確認することができないのでご注意ください。

自分のミュートがバレたくない場合はサードパーティ製アプリを利用するか、ミュート機能を一切使わないというのがベストかと思います……。

もしかしたら落ち込むような結果になるかもしれませんが、ミュート状況が気になっていた方はぜひ試してみてください!!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事