自分で作った紙飛行機をラジコン化!パイロット気分を味わえるガジェットが楽しそう

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

誰でも一度は作って遊んだことがある紙飛行機。うまく折らないとちゃんと飛ばないため、もっと自在に飛ばせたらいいのに…と思った方もいますよね。

そんな夢を叶えてくれるガジェットが、自分の折った紙飛行機に取り付けるだけでラジコン化できる「PowerUp FPV」。

カメラも付いているので、まるで自分が紙飛行機に乗っているような気分も味わえますよ〜!

紙飛行機をラジコン化できる「PowerUp FPV」

今回ご紹介する「PowerUp FPV」は、紙飛行機をラジコンのようにスマホから操縦できるアイテム。

使い方はすごく簡単で、まずは適当な紙を折って紙飛行機を作り…、

次に作った紙飛行機に「PowerUp FPV」を取り付ければ完成。

たったこれだけで、紙飛行機をラジコンのように飛ばせちゃうというから驚きですね!

飛行中の様子は「PowerUp FPV」のカメラからストリーミングでスマホに送信される仕組みになっており、その映像を見ながら機体を操縦して遊ぶことも可能。

飛行体験をもっとリアルに楽しみたいという人は、付属している段ボール製のVRヘッドセットを装着すればさらに臨場感がアップしそうですよ。

またこのVRヘッドセットを利用している間は、紙飛行機の操縦をオート(自動操縦)に切り替えることもできるのでゆっくりとパイロット気分を味わえます。

ちなみに操縦可能な範囲は300フィート(約91.4m)と広く、充電式のバッテリーによる一度のフライト可能時間は10分程度だそう。

気になるお値段ですが、現在「PowerUp FPV」はクラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集しており、179ドル(約22,000円)の出資で本体やバッテリーなどを一式ゲットできます。

自分で折った紙飛行機をラジコンのように飛ばせる上に、パイロット気分まで味わえるとはもう堪りません。

もし気になったら是非下記リンクから詳細をチェックしてみてください!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:KickstarterGigazine

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事