Twitter、Facebook、Instagram、LINEの広告を非表示にする方法まとめ

更新日:

by ハンサムクロジ

フォローや友だち登録したユーザーの投稿を閲覧するためのタイムラインに表示される「広告」。

楽しいもの、興味を惹くものもありますが、邪魔に感じることも多いですよね…。

そこで今回は各SNSで表示されるそれら「広告」を非表示にする方法について、まとめてご紹介いたします!

Twitter

まずはTwitterから。タイムラインにフォローしてないユーザーのツイートが表示されることがありますが、このうち下部に「プロモーション」と書かれたものが広告ツイートです。これを非表示にしてみましょう。

このツイートが現れたら、右上の「×」をタップ。

メニューが表示されるので「広告情報」以外のボタンから適切なものを選択してタップしましょう。広告が非表示になります。

また、広告ツイートを投稿したユーザーをブロックすれば、以降そのユーザーの広告ツイートは投稿されなくなります。どうしても気になる方はブロックしてしまいましょう!

Facebook

次はFacebookに表示される広告。以下のように「広告」と表示された投稿を非表示にしてみます。

投稿の右上に表示されている「V」をタップ。

メニューが表示されます。「非表示にする」をタップすると、表示されていた広告が消えて、今後似たような投稿が表示されにくくなります。

「◯◯の広告を表示しない」をタップした場合は、さらに以下のようなポップアップが出現。「OK」を選択すると、同じアカウントからの広告が今後一切表示されなくなります。

Instagram

みっつめはInstagramの広告を非表示にする方法。以下のように右上に「広告」と表示された投稿が、広告投稿です。

非表示にしたい場合は、その「広告」をタップして、メニューから「非表示にする」を選択。

なぜ非表示にしたいのかを聞かれるので「この写真が気に入らない」「このアカウントが気に入らない」のどちらかを選べば非表示になります。

LINE

最後はLINEアプリ。近日中にタイムラインへ広告が表示されるようになると公式ブログが伝えていました。

表示は以下のようになります。「Sponsord」と書かれた投稿が広告投稿です。

非表示にしたい場合は、右上の「V」をタップし、「この広告を非表示にする」「このアカウントからの広告をすべて非表示にする」を選択すればオーケー。

「このアカウントからの広告をすべて非表示にする」を選択した場合は、今後同じユーザーからの広告が非表示となります。

以上、4つのSNSで表示される広告を非表示にする方法でした。

日頃から広告が邪魔だなと感じていた方は、ぜひ参考にしてみてください!!


関連記事