自社スマホの性能を誇示するため…iPhoneがバッキバキに(((;゚Д゚)))

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

iPhone 6sは前モデルよりも硬い、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードの7000シリーズアルミが使われており、カバーガラスもより強く丈夫になりました。

…が、それよりもさらに頑丈に作ったというメーカーが登場。地面に落としても画面が割れないことをアピールしています。

なんとiPhoneも比較のために落下されており、こちらは残念ながらバッキバキに割れているようですよ…(((;゚Д゚)))

割れにくいディスプレイを搭載したスマホだそう

iPhoneのディスプレイはアップルの公式サイトでは「カバーガラスは、ほかのどのスマートフォンで使われているものより強く、丈夫になりました」と述べていますが、しかしそこはやはりガラス…。

当然うっかり落下させてしまうと割れてしまう可能性があります。

それを防ぐためにケースや保護フィルムを貼っているわけなのですが、ここにきてその常識を覆すようなスマホが登場しました。

それがこちらのDroid Turbo 2。世界初の割れ防止ディスプレイを採用しているとのこと。

そしてこちらがそのすごさを示す動画。iPhoneをはじめライバルスマホをうっかり(?)落下させています。

ポケットに入れ損ねたり、カバンに入れ損ねたりとどれも実際に起こりそうなシチュエーションなのですが、落下した瞬間に画面がバッキバキに割れていて、iPhoneユーザーとしては少々心が痛みますね…。

そして最後に落下させたのが、Droid Turbo 2。こちらは落下させてもなんら割れることなく無事なのでした…。

iPhoneユーザーとしてはショッキングな動画ではありますが、もしこの割れ防止ディスプレイの技術が材質によるものなのであれば、ぜひiPhoneで採用することを検討してほしいものですね…!


関連記事