Apple、まずはGoogleに1勝?ポルシェがGoogleに見切りをつける

投稿日:

by kimi

Photo credit: robad0b / Foter / CC BY-SA

こんにちはkimiです。

車の運転中、電話やメッセージの送受信などが可能になるシステムをそれぞれ開発しているApple(CarPlay)とGoogle(Android Auto)。

どちらが主流になるかしのぎを削っている最中ですが、どうやら車業界で動きがあった模様です。今までどちらの陣営のシステムも対応してきたポルシェがAndroid Autoへの対応を打ち切ることが明らかになりました

独自の電気自動車の開発も噂される両社ですが、ここで影響力を失うのはGoogleにとって痛手かもしれません…!

※()内はシステム名

自動車用システムでもシェアの奪い合いが始まる

AppleのCarPlayとGoogleのAndroid Auto。どちらもカーナビにと連携させることで運転しながらでもマップの表示や音楽の再生、メッセージの送受信、電話の応答などができるシステムです。

通常は車1台に対して1つのシステムしか使うことがないため、まさにスマホに続いて車内システムでもシェアの奪い合いが起こりつつあるようですよ。

そんな車内システムは今までポルシェが販売してきた911シリーズではCarPlayでもAndroid Autoのどちらも対応していました。しかしこの度ポルシェがAndroid Autoの対応を打ち切ることを明らかに。

理由は公式には明らかになっていませんが、Android Autoでは走行する車についてあまりに多くの情報をGoogleが取得することに同意する必要があるからだと考えられています。

CarPlayでは車が走っているか否か程度の少ない情報しか取得しませんが、一方でAndroid Autoはそれ以上にたくさんのことを取得するそうで、そのことがポルシェに嫌われたのではないかと推測されています。

ポルシェという有名メーカーから拒絶されたことで、これから車内システムのシェアの奪い合いや独自に開発している電気自動車の研究開発に大きな痛手となる可能性があります。

とりあえずこの件ではAppleの1勝ということですが、果てしてこの先はどうなるのか…Appleファンとしてはスマホに続き自動車業界からも目が離せませんね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:GIGAZINE
kimi
Photo credit: robad0b / Foter / CC BY-SA

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事