日本語訳は「よくないね」?Facebookが「いいね!」の反対語となるボタンを導入へ

更新日:

by kimi

Photo credit: Jesper Rønn-Jensen / Foter / CC BY-SA

こんにちはkimiです。

Facebookでおなじみの「いいね!」機能。自分で文章を作ることなく相手に感情を送信することができるので、気軽にコミュニケーションがとれますよね。

そんな「いいね!」のように使える新たなボタンが追加されることになりました。意味は「いいね!」の真反対とのこと。

海外では「Like」と呼ばれている「いいね!」ですが、今回はどう訳されるのでしょうか…。

「良くないね」?「いやだね」?「ひどいね」?

EngadgetBusiness insider発の情報として伝えたところによると、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏はついに「いいね!(Like)」の反対語を表すボタン「Dislike」を開発していることを明らかにしました。

Photo credit: angermann / Foter / CC BY-SA

Facebook本社で行われた質疑応答で同氏は「何年もの間、(Like(いいね!)の対義語となる)「Dislike」の設置について尋ねられてきた。今日はそれを「現在開発している」と言える特別な日だ」と述べています。

Photo credit: deneyterrio / Foter / CC BY

最近ではFacebookで訃報や不幸な事故などが伝えられることもあります。ある人は同情の意味を込めて「いいね!」を押しても、別の人から見れば「訃報に対して「いいね!」をつけるとはどういうことだ!」となってしまうことも…。

今まではプラスの感情を表す「いいね!」しかなかったので、マイナスの感情に対して意思を送るボタンがなかったことが原因でしょう。そういう意味でも今回の新ボタンの設置は良いことなのだと思います。

Photo credit: n.bhupinder / Foter / CC BY

それにしても、日本語訳が気になるところ。「Like!」を「いいね!」に訳すのですから、より日本語として親しみやすい訳になるのだろうなと推測はできますが…。

「良くないね」だと先ほどの訃報のような投稿へのコメントとしてしっくりこないですよね。直訳っぽい「いやだね」だとあからさまに拒否してるみたいですし。「ひどいね」はちょっと大げさな気も…。

Photo credit: FACEBOOK(LET) / Foter / CC BY

新機能により感情が適切に伝わるようになるのも嬉しいことですが、日本のFacebookチームがどう訳すのかも見所のような気もします。

みなさんだったら「Dislike」をどのように訳しますか?


関連記事