金属ボディは6sが最後!?iPhone 7からは”特殊ガラス製”になる可能性が浮上

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

今月9日に発表されるのがほぼ確定しているため世間の注目はiPhone 6sに集まっていますが、早くもiPhone 7に関する情報がネット上に出回り話題となっています。

なんでもアルミ製のボディはiPhone 6sが最後となり、7からはガラス製のボディが採用される可能性があるようですよ〜!

iPhone 7では非金属のボディを採用!?

ニュースサイトWCCF TECHによると、アルミ製のボディのiPhoneは6が最後となりiPhone 7からはガラス製のボディが利用される可能性があるとのこと。

その理由としてAppleが最近取得した2つの特許が挙げられています。

1つ目は、特殊金属であるリキッドメタルとサファイヤガラスを一体化させるという特許。簡単に言うとiPhoneのフレームと液晶ディスプレイの間にリキッドメタルを流し込み、しっかりと固定するというもの。

2つ目の特許は「Glass Fusion Device Housings」と呼ばれるもので、液晶パネルの周りを箱のように囲ったサファイアガラスを溶射で固めることにより強度を高めるという技術に関するものです。

この技術はiPhoneやiPadなど「液晶を有するデバイス」になら応用が可能なようで、特許の提出書類にはiPodやiMacなどへの応用についても記載されています。

以上の2つの特許を取得しているということから、Appleがガラスに関する技術開発に力を入れていることは間違いないと見られます。

これらの特許技術が確実にiPhoneへと利用されるかは定かではありませんが、もしもアルミからガラス製に変わったiPhoneが登場した場合その手触りは未知のものとなりそうですね…!


関連記事