みんなオラに容量を分けてくれ!Appleが友人の空き容量を使ってバックアップする特許を取得

更新日:

by SHAN

Photo credit: LoKan Sardari / Foter / CC BY-NC-SA

こんにちは、SHANです。

どうもiPhoneの調子が悪いのでバックアップを取っておこうと思ったら、パソコンの空き容量もないしiCloudも使えない…そんなピンチを救ってくれる特許が登場しましたよ。

Appleは友達のiPhoneの空き容量を利用して、自分のiPhoneのバックアップを取る特許を新たに取得したとして話題となっています。

まさに某人気マンガの元◯玉システムと言えるこの特許、いざという時に意外と便利かもしれませんよ!

関連記事:iPhoneのバックアップはiCloudの方がiTunesよりも便利?比較してみます

友達のiPhoneの容量を借りる技術

今回Appleが新たに取得した特許は、友達のiPhoneの空き容量に自分のデータバックアップを行えるというもの。

この技術が実用化されれれば、外出先でバックアップを取るためのPCが無い状況や、電波がなくオンラインストレージが使えない状況でも、友達のiPhoneにバックアップを取ることができちゃうんです。

Photo credit: iDiapo / Foter / CC BY-NC-SA

通信にはBluetoothやNFCといった無線通信を利用し、近くにいる友人のiPhoneにデータを直接送る仕組みになっているんだとか。

Photo credit: Janitors / Foter / CC BY

Appleが申請した特許書類には、事前に許可を得た友達のiPhoneにデータを送る事例などが図で説明されています。

友達の容量を借りるということで気になるのはプライバシーですが、そこはデータ暗号化機能や一定期間で友達のiPhoneからデータが除去される仕組みなども用意されている模様。

いざという時にあると便利なこの元◯玉システム。実用化されるかは未知数ですが、ちょっと動画を撮る時に容量がたりない…なんていうちょい使いで使えると空き容量に悩む方にはうれしい機能になりそうですね。

参考:USPTOc-net

関連記事