次期iPhoneはiPhone 6より30%高速化!?ベンチマーク結果が公開されたぞ

投稿日:

by kimi

Photo credit: ajnabeee / Foter / CC BY

こんにちはkimiです。

iPhone 5sよりも25%CPUが高速になったiPhone 6。時が経てば経つほど技術革新が進むわけで、おそらく来月発表されるであろう次期iPhoneがどれくらい高速に動くのか気になりますよね。

そんな中、次期iPhoneとみられる端末の、どの程度の性能を持つのかを数値で示す”ベンチマーク”らしきものが明らかになりました

次のiPhoneも高速化に期待できそうですよ…!

CPUは3割速く、GPUは6割速いかも

iPhone 5sからiPhone 6になったことで、スマホの頭脳であるCPUは25%高速化、そしてグラフィックを処理するGPUは50%高速化しました。

この数値は初代iPhoneに比べるとCPUは50倍、GPUは実に84倍だそうで、何度見てもこの数値には驚くばかりです。

Photo credit: Yanki01 / Foter / CC BY

そして今回、次期iPhoneとみられる端末がどれくらいの性能を持つのかを数値で示す「ベンチマークスコア」が明らかになりました。

明らかになったのは「GeekBench」という種類のもの。次期iPhoneに搭載されるであろう「A9」のスコアはシングルコアで2090、マルチコアで3569となったそうです。

Photo credit: Global Jet / Foter / CC BY

ちなみに「A8」が搭載されているiPhone 6のスコアはシングルコアで1611、マルチコアで2884だそう。数値が高くなればより高速なので、計算すると次期iPhoneは29%高速化されているといえそうです

Photo credit: devilll0991 / Foter / CC BY

グラフィック性能を測る「GFXBench」のスコアはMANHATTANで30.3、T-REXで66となりました。

この数値はiPhone 5sに比べると60%高速化されているそうですよ。どうやら次期iPhoneも、iPhone 5sから6に進化した程度には高速化すると考えて良さそうです!

Photo credit: JohnKarak / Foter / CC BY-SA

とはいえあくまでこの情報はどこからかリークした非公式なもの。実際に発売されるiPhoneがどの程度の性能なのかは発表されてからでないとわかりません。

この手の情報についてはいつも同じ締めになってしまいますが、発表されてからのお楽しみとなりそうです…!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

kimi
Photo credit: ajnabeee / Foter / CC BY

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事