1つの時代が終わりを告げる…iPod Classic販売終了の理由とは

投稿日:

by kimi

photo credit: kumazo via photopin cc

こんにちはkimiです。

2001年にスティーブ・ジョブズによって発表され、その後爆発的にヒットした「iPod」。ハードディスクを搭載した古くからあるモデルは「iPod Classic」と名を変え、細かなバージョンアップを重ねながら10年以上販売され続けました。

しかし今年9月のiPhone 6/6 Plusの発表とともにひっそりと販売が終了されてしまいました…。この理由についてAppleのCEOティム・クックが明らかにしましたよ。

いくつかの必要な部品調達が困難になり、新モデルの開発もしないことに

iPod Classicは記録媒体にハードディスクを使用した初代iPodの路線を引き継ぐ端末。今やiPod nanoもタッチスクリーンになったので、クリックホイールを搭載した唯一の端末となっていました。

iPod nanoなど他のシリーズは頻繁にモデルチェンジが行われていましたが、iPod Classicは2009年から変わらず、ついに今年9月のiPhone 6/6Plus発表会後に販売が終了…(´;ω;`)

photo credit: iTopic via photopin cc

9to5macによると、この販売終了の理由についてティム・クックは「iPod Classicの製造に必要ないくつかのパーツが入手困難になり、再設計するためのコストが需要に合わないから」と述べたとのこと。

大容量の保存容量と特徴的なクリックホイールを備えたこの端末がなくなるのは少し寂しいですね。時代は移り行くものとして、これからのApple Watch等の新製品に期待することにしましょう。

kimiはこう思う!
販売終了に伴い、既にネット上ではプレミア価格になっているところもあるようです。自分も一台コレクション目的に買っておきたかったなーと。
参考:9to5Mac
kimi
photo credit: kumazo via photopin cc

関連記事