「クイックWebサイト検索」Safariの検索バーから直接サイト内検索ができるぞ!

投稿日:

by じんないたくみ

どうも、じんないたくみです。

みなさん、例えばAmazonの商品をiPhoneで検索したい時どうしてますか?

まず『Safari』でAmazonのページを開きそれからサイト内検索をしている方が多いと思いますが、なんとiOS 8の『Safari』ではわざわざサイトを開かなくても、ダイレクトに商品の検索ができちゃうんです!

今回は、そんな『Safari』の検索バーから直接サイト内検索できてしまう「クイックWebサイト検索」をご紹介します。

サイト内検索が直接できて爆速!

ダイレクトにサイト内検索ができる機能は「クイックWebサイト検索」と呼ばれており、『Safari』の検索バーから直接、AmazonやWikipediaなどのサイト内検索ができる便利な機能。

例えば「ama iPhone ケース」と入力すれば、いちいちAmazonを開く必要がないので爆速で検索できちゃうというわけなんです!

この「クイックWebサイト検索」を利用するには、まずiPhoneの『設定』アプリから「Safari」→「クイックWebサイト検索」をオンにすればOK!

あとは『Safari』でクイックWebサイト検索に追加したいサイトを開き、サイト内検索を2回するだけで勝手に登録してくれます。

1回だけでは登録されないので注意ですが、逆にたまたま利用しただけのサイトは登録されないのでありがいかもw

AmazonからWikipedia、楽天、ヤフオク、もちろんこのかみあぷのブログ内検索も登録できますよ〜!

そして実際に「クイックwebサイト検索」したい場合は、追加されているWebサイトのドメイン(URL)の最初の3文字を入力してから、検索キーワードを入れるだけ!

Amazonなら「ama」、Wikipediaなら「wik」、かみあぷなら「app」です。このあとに検索キーワードを入力すれば、ストレートにサイト内検索が利用できるというわけです。

不要なWebサイトを登録してしまった時は設定したページからカンタンに削除することもできます。

最初の登録だけが少し面倒に感じるかもしれませんが、これだけで普段の検索がものすごくカンタンに、そして爆速になります!Safariの標準機能なので、ぜひ一度お試しくださいね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事