【iOS8】写真アプリで”削除した画像”の復元が可能に!フィルターアプリとも連携するぞ

投稿日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

とうとう待ちに待ったiOS 8がリリースされましたね。皆さんがよく使用する標準の写真アプリにも、便利な機能が新たに3つ追加されました!

iOS 8といえば他にも細かい部分に様々な変更点がありますが、今回は標準の写真アプリの変更点についてご紹介します。

新機能その1:削除した写真が復元できるように

まず1つ目は「写真の復元」ができるように。写真アプリを起動するとフォルダーの中に「最近削除した項目」というフォルダが追加されています。

このフォルダーには削除してから30日以内の写真が格納されています。そのため削除してから30日以内であれば一度削除してしまった写真でも復元することが可能

それぞれの写真には削除までの日数(最大で30日)が表示されていて、完全削除までの日数を確認することができます。

写真を復元したい場合は右上の「選択」ボタンで復元したい写真を選択し、「復元」を選択すればOKですよ!

削除した写真・画像を完全に削除したい場合は、「最近削除した項目」から削除することで、完全に削除することができます。なお、完全に削除すると復元はできませんのでご注意を!

新機能その2:写真が検索できるように

写真アプリのアルバム内の画像を、撮影日・撮影場所・アルバム名で検索できるようになりました。

これからはすべての写真とビデオを簡単に検索できるので、探したい写真をすぐに見つけることができますね!

新機能その3:今までより高機能な写真編集機能が追加

iOS 8では写真の編集機能が大幅にパワーアップしましたよ!写真の明るさや色の調節など、今まで他のアプリやパソコンで行っていた作業をiPhoneだけで行うことができるようになりました。

多彩なフィルターに加えて、他の写真編集アプリのフィルターも標準の写真アプリで使うことができます!

他のアプリのフィルターを使用するには、App StoreのiOS 8の特集ページからフィルターの連携が対応アプリをダウンロードしましょう。

連携アプリのダウンロード完了後、写真の編集画面で左上の「…」というマークから連携アプリを選択すれば使うことができます。

標準で用意されているフィルターもオシャレですが、他のアプリのフィルターを使えるのはとっても便利ですね!

今まで一度画像を保存してから他のアプリを起動して行っていた動作が必要なくなるも嬉しいところです。現在フィルター連携に対応しているアプリは少ないですが、これから増えていくと思われますよ!

どの機能も写真の管理がとっても楽しくなるような便利なものばかりですので、皆さん是非利用してみてくださいね。


関連記事