【開封の儀】iPhone 6 Plus発売!より薄く大型化したボディを早速レビュー

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

ついに発売されました、iPhone 6 Plus!

というわけで早速「開封の儀」を行ないますよ〜。「1万円札とほぼ同じ大きさ」と事前に言われていましたが、果たしてどうなのか…?早速見てみましょう〜!

やっぱりデカかったiPhone 6 Plus

今回はApple Store表参道に夜通し並んでゲットしてきましたよ!

入手したのはiPhone 6 Plus シムフリー版の64GBのゴールドカラーです。これまでは箱にiPhoneがプリントされているデザインでしたが、今回は真っ白!そして箱からしてすでに大きいような…。

では開けますよーいざ開封!じゃーん

噂には聞いていたけど、実物は想像よりも大きい!

画面を起動してみると…今までより文字も非常に見やすくなっております。

背面はこんな感じ。iPhone 5sからはガラっと変わりました。

iPhone 5sではフラットだったカメラ部分も、今回は出っ張っています。

上部にあったロックボタンもサイドへ移動。

いやーそれにしても大きい。片手操作は少し難しくなってしまいますが、この大きさは非常に魅力的。サイドがカーブしているため、大きいけど手になじみます!

iPhone以外にも箱の中にはEarPods、Lightningケーブル、アダプタが同封されています。

電話をかけてみるとこんな感じでしょうか。やはりiPhone 6 Plusは「デカイ!」の一言につきますw

※徹夜明けです

ということで以上、iPhone 6 Plus開封の儀でした。使い方や比較などの記事もじゃんじゃん公開していきますので、ぜひお楽しみに!!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事