【注意】お風呂でiPadを使っていた少女が感電死!一体なぜ?

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

お風呂でゆっくりリラックス。ただ浸かっているだけだとヒマだから…とiPhoneやiPadを持ち込む方も多いですよね。

でもご注意を!先日ロシア・モスクワに住む少女が、お風呂に持ち込んだiPadで感電死してしまったようなんです。

iPadで感電死

ロシア・モスクワに住む18歳の少女はお風呂にiPadを持ち込みましたが、充電ケーブルに接続しながら使っていたため、誤ってiPadを湯船に落とした際に感電死したと見られています。

photo credit: Pierre Lognoul via photopin cc

「日本ではそんなに電圧高くないから大丈夫でしょ」という方、違いますよ〜!人の体は、電圧(ボルト)が高くてもめったに死に至りません。例えば乾燥している冬に静電気を感じますが、じつはそんな静電気でも何万ボルトにもなるんです。

人が感電死する原因はボルトではなく電流(アンペア)。0.001アンペアほどならしびれる程度ですが、0.1アンペアで死に至ります。

そしてiPhoneやiPod touchに付属しているACアダプタは1アンペア、iPadに付属しているACアダプタは、2.1アンペア…ひとたまりもありませんね。

お風呂でiPhoneやiPadを楽しむなら、必ず防水対策をし絶対に充電しながら使わないようご注意を…!


関連記事