消える前にやっておこう! LINEのトーク履歴をテキスト形式で保存する方法

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

LINEに残っている友だちとのトーク履歴、実は2週間でサーバー上から消えてしまうのをご存知でしょうか。今回は、これをテキスト形式にして保存しておく方法をご紹介します。

テキスト形式ということで画像やスタンプは保存されませんが、どうしても残しておきたいやりとりがある場合は覚えておくと便利です!

メールでの送信、アプリへ直接保存もOK

iPhoneなどのスマートフォン版LINEアプリでは、端末に保存されているぶんまで2週間以上遡ることも可能。とはいえ、だからといって消えてしまってから後悔しても遅いのです!

ということでさっそく保存してみましょう。保存したいトーク画面を開いて右上の「V」をタップ。「トーク設定」を選択します。

開いた画面で「トーク履歴を送信」を選択し、「メールで送信」か「その他アプリ」から保存方法を選びましょう。

「その他アプリ」を選択した場合は、iPhone内にあるEvernoteなどのアプリに直接テキスト形式で保存することができます!

以下のように、画像やスタンプ以外の文字でのやりとりだけが保存されました。

この方法で保存されるテキストファイルは、バックアップとして利用できるものではありません。あくまでテキストとして”保存”されるだけなので、そこだけご注意を!

忘れたくないやりとりなど、メモ代わりに残しておきたいトーク履歴は以上の方法で保存してみてください!!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事