新iPhone、バッテリー切れでもSuicaが利用できそう! 予備電力で動くっぽい

28

2018.09.14

by ゆう

iPhone 7から利用できるようになったSuica。電車に乗るときは便利に使っている人も多いのではないでしょうか。

しかしこのSuicaにも弱点がありました。それはiPhoneのバッテリーが切れたら利用できないこと。でもiPhone XS/XS Max/XRはこの弱点を克服しているようなんです。

予備電力がある?

iPhoneのバッテリーが切れるとSuicaが利用できない件について、JR東日本のよくある質問によると以下のように記載されています。

Apple PayのSuicaは、ご利用端末の電源が完全に消耗又はOFFとなっていると、ご利用になれません

移動中に(改札内で)」端末が使えなくなった場合は、改札口の係員にお申し出いただき、一旦現金で運賃の精算(発駅からの運賃お支払い)をお済ませください。後に、充電し又は電源がONになった状態で改札口にお越しの上、改札入場時のデータ消去をお申し出ください。

移動中に(改札内で)一旦電源が切れても、再度充電又は電源をONにすれば(パスコードを入力して使える状態にする必要があります)、改札入場の記録は消えずに残っており、そのまま自動改札をお通りいただけます。

引用:移動中に(改札内で)電池が切れました。 | Suica Apple Pay よくあるご質問

要するに、バッテリーがOFFの状態だと改札に入れない(出られない)よ、ということですね。

しかしiPhone XS/XS Max/XRなら大丈夫かも

Apple公式サイトの仕様ページ内に「予備電力機能付きエクスプレスカード」という記載がありました。予備電力機能付き…?ということで、おそらくiPhoneのバッテリーが切れてもしばらくの間はSuicaの機能は利用できるのではないか、と見られます。

バッテリーぎりぎりで電車に乗ったものの、移動中にバッテリー切れになってSuicaで出られなくなった、なんて悲惨な出来事を防ぐことができそうですね。

……でも実際のところ、移動中にバッテリーが切れてSuicaで出られなかったことってあります? ありそうで、あまりないような気もしますが……。でも予備電力機能があると、転ばぬ先の杖的な安心感がありそうですね。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事