異次元すぎる…大人気ソシャゲ『FGO』11月の課金額は63億円

120

2017.12.04

ゲームブランド「TYPE-MOON」が作成したゲームソフト「Fate/stay night」を元に製作されたスマホゲーム『Fate/Grand Order(通称:FGO)』。

iOS版は今から約2年半の2015年8月にリリースされ、今なお大人気となっていますが…その人気っぷりは異次元でした。

なんと11月の課金額は日本だけで63億円以上とのことですよ…(白目)

1ヶ月で63億円が課金される『FGO』

『FGO』は歴史上の偉人や伝説の英霊などを「サーヴァント」として召喚し、パーティを組んで戦うターン制のコマンドオーダーバトルゲーム。

サーヴァントはガチャで召喚することが可能で、ガチャ1回あたりに必要なのは「聖晶石」というアイテム3個。その聖晶石の価格は以下となっております。

  • 聖晶石(1個):120円
  • 聖晶石(5個):480円
  • 聖晶石(18個):1,400円
  • 聖晶石(41個):2,900円
  • 聖晶石(76個):4,800円
  • 聖晶石(167個):9,800円

167個をまとめ買いすれば、ガチャ1回あたりにかかる金額は約176円ということですね。

さて、そんな『FGO』ですが…中国で開発され、日本では今年9月から配信が始まったスマホゲーム『アズールレーン』の情報を投稿しているTwitterユーザー「アズールレーン(アズレン)オンライン(@azuren_online)」氏によって11月の課金額が明かされることに。

同氏はまず、『アズールレーン』の11月のおおよその課金額が「百度(Baidu)」に公開されていた、とその金額をツイート。

日本版での売上は約19億570万と、アズールレーンもすごい額ですが…。

その後、『FGO』の課金額も百度に公開されており、余談としてその額をツイート。なんと約63億8,000万円だったそうです…(  Д ) ゚ ゚

さらにこの63億8,000万円という額は日本国内のみで、世界各国の売上も足すと

  • 中国:8億9,600万円+α
  • アメリカ:5億6,000万円
  • 韓国:6,720万円

合計79億720万円、約80億円ですね…。

単純に考えればガチャ1回176円ですから、約4,545万4,545回ガチャが回された計算になります。

年間で80億円じゃなくて11月のたった1ヶ月で80億円。ボーナスが入ってお財布の紐がゆるくなる12月の課金額は一体どうなっちゃうんでしょうね…。

ライターのひとこと

FGOで課金するユーザー数が多いのか、それとも1人当たりの課金額が大きいのか…みなさんはFGOプレイしてますか?

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事