【対策あり】iOS 11.2でiPhone XのFace IDが利用不能になるバグ発生

投稿日:

by HikaruSano

リリース時期を1年早くし発売されたとされるiPhone X、ハードウェア的にもソフトウェア的にも今までのiPhoneと異なる部分が多いのですが、前倒しの影響なのか最近不具合が多いように思えますね。

先日ついにiOS 11.2がリリースされたのですが、このアップデートによって一部ユーザにFace IDが利用不能になってしまうバグが報告されているようです。

アップデート後に再起動を

12月2日にリリースされたiOS 11.2、機能アップデートというよりは各種安定性や問題の解決を優先としたアップデート内容となっています。

リリースノートを全部書くと膨大になってしまうので詳細は省きますが、内訳は新機能が3個、機能改善が2個、安定性向上が3個、バグ修正が12個

今までの傾向からも「やっとiOS 11の安定版がリリースされた」というのが多くのメディアの意見だったのですが、ここにきてiPhone Xにのみ発生する不具合が報告されています。

それは「Face IDが利用不能になる」というもので、iOS 11.2にアップデートした直後からFace IDがなぜか利用できなくなってしまったと言うのです。

iPhone Xの目玉機能とも言えるFace IDが利用できなくなるとか本末転倒なアップデートな気がしますが、すでに解決方法は見つかっているのでご安心ください。

解決方法は単純に「iPhone Xを再起動する」だけで、通常の手順(サイドボタンと音量ボタン長押し)で電源を切ってから電源を再度オンにするか、強制再起動によってFace IDを使えるようにできるとの事。

ちなみにiPhone XおよびiPhone 8/8 Plusは強制再起動の方法が変わっているので、やり方を知らない人は下記手順を参考にしてください。

  1. 音量を上げるボタンを押してすぐ放す
  2. 音量を下げるボタンを押してすぐ放す
  3. Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続ける

まとめ

OSアップデート後に機能が使えなくなるというのはかなりビックリしますが、とりあえず再起動するだけで有効になるので深刻なバグではないと思われます。

有識者やApple側も何が原因でこのような不具合が発生しているのか原因を特定できていないようですが、次回アップデートには心臓に悪いので修正しておいて欲しいですね。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事