【Apple公式】iPhone Xのディスプレイを劣化させない方法!

50

2017.11.09

by yumi

OLEDディスプレイが搭載されているiPhone X。以前かみあぷでもご紹介しましたが、このOLEDディスプレイは多くのメリットがあるものの、「焼き付き(バーンイン)」などのデメリットも存在します。

iPhone XのOLEDディスプレイはこの焼き付きを低減し、長期利用による劣化を極力抑える作りになっているそうなのですが、さらに劣化から守る方法をAppleが公式に発表していますよ。

iPhone Xユーザーは長期間キレイなディスプレイを使うためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

iPhone Xのディスプレイを劣化から守る方法

iPhone Xのディスプレイは従来のOLEDをさらに進化させた「Super Retina」という名称で呼ばれています。OLEDディスプレイは、

  • コントラスト比や解像度が高い
  • バックライトがなくても素子自体が発光する=薄型化・省エネルギーが可能

というメリットがあり、さらにSuper RetinaはOLEDのデメリットである「焼き付き」現象や長期利用による劣化を低減させ、表現力を長持ちさせる作りになっているそうです。

「焼き付き」現象などOLEDの特性について詳しくはこちら

しかし…Appleは「最大限にSuper Retinaを活用するなら、この点に注意してね」とポイントを公式に発表。いつまでも綺麗なディスプレイを保つために、ぜひチェックしておきましょう。

まず1つ目は、iOSを常に最新にアップデートすること。ディスプレイの劣化を防ぐため、今後ソフトウェアからもアプローチするのかもしれませんね。

そして2つ目が「明るさの自動調節」を必ずオンにしておくこと。周りの明るさを感知してディスプレイの明るさを自動で調整してくれる機能なので、焼き付きを防いでくれるものと考えられます。

設定アプリ→「一般」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」からオンにできますよ。

3つ目は、iPhone を使っていないときはロックする/自動でロックがかかるようにしておくこと。こちらもずっと同じ画面が表示され続けて焼き付くことを防ぐためでしょう。

また、自動ロックまでの時間はなるべく短く設定することをAppleは進めています。

自動ロックの設定方法は、設定アプリ→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」から選択可能。

そして最後は、静止画像を最大輝度で長時間表示し続けないこと。

これはあまりないパターンかと思いますが、例えばデジタルフォトフレームのように1枚の写真を常に明るさをMAXで表示し続けないように…ということですね。

もし写真を長時間表示させたい場合は、明るさを下げるようAppleはアドバイスしています。

これまでの液晶ディスプレイと比べると使い方が制限されるような気がしますが、綺麗なディスプレイを長期間使うためには守ったほうが安心かもしれませんね。iPhone Xユーザーのみなさん、ぜひ参考にしてみてください!

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事