AppleはAirPodsが外れやすいのを自覚してた?専用カバーの意匠特許が見つかる

30

2017.09.11

by HikaruSano

ハローワールド、Hikaru Sanoです。

未だ品薄状態が続いているAirPods、日本だと「うどん」などと揶揄されたりもしていますが、左右独立型Bluetoothイヤホンの中ではなかなか人気だそうですね。

そんなAirPodsは兼ねてより「外れやすい」と言われていたのですが、どうやらAppleにも自覚があったのかAirPodsを外れにくくするアクセサリの特許を取得していたようです。

既に他社が製品化してるんですが…

EarPodsの形状をほぼそのままに、左右完全独立型となってリリースされたAirPods、未だに世界中で品不足が続いているそうですね。

そんなAirPodsは人気のある一方で、使用しているユーザから「外れやすい」「片方なくした」といった声が挙げられています。

そんな意見を聞き入れてか、それともそもそも自覚があったのか、この度Appleが「EarPodsとAirPodsを外れにくくするアクセサリ」の意匠特許を取得していた事が明らかになりました。

しかしこの特許、なぜか香港の特許庁でしか確認できていない情報で、アメリカやヨーロッパ圏の特許庁では同特許は確認されていないんだそうです。

例えばAppleが今回のスペシャルイベントで発表する気で隠していて、香港がうっかり公開しちゃったとかなら分かるんですが、製品化の予定もない特許をポンポン取っているAppleがこの特許だけ隠す、というのはなかなか変な話。

しかもこのアイディアはかなり前から別の企業が既に商品化しており、お世辞にも新しいアイディアとは言い難いんですよね…。

公式がパクってきた、とも捉えられるこの意匠特許の取得、すでに製品を販売している企業はこの特許によって販売中止に追いやられたり、あるいは今までの売り上げから何割か持って行かれないか気が気じゃないでしょう…。

Appleがこの特許にあるアクセサリを実際販売するかどうかはわかりませんが、「EarPodsとAirPodsが外れやすい」というのは自覚していそうですね。

まとめ

筆者はEarPodsが耳に合わず、全く位置を保持できないため使った事がほとんどないのですが、皆さんは使っていますか?

このアクセサリが手に入ればちゃんと利用できなくもないのでしょうが、追加でいくら払うくらいなら素直に別のイヤホンを購入してしまいそうな気もします。

参考:Patently Apple

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事