iPhone 8、より高精細な動画が撮影できるように!「4K 60fps」に対応か

25

2017.08.04

by yumi

こんばんは、yumiです。

連日HomePodから次期iPhoneプレミアムモデル(通称:iPhone 8)の情報が出てきていますが、今回はiPhone 8のカメラについての記述が見つかったようです。

どうやらiPhone 8では、これまでより圧倒的に高精細な動画が撮影できるようになりそうですよ!

iPhone 7からどれくらい進化する?

実は昨日もiPhone 8のカメラの情報がHomePodから明らかになったのですが、こちらは自動で撮影シーンや被写体を認識しベストな写真が撮れるようになる機能と見られています。

そして本日判明したのは、「4K 60fps」の動画が撮影可能であることを示唆する記述。

たしかに「Back4k60VideoSupported」「Front4kVideoSupported」というコードが確認できます。

「Back」「Front」とあるということはメインカメラもFaceTimeカメラも、どちらも「4K 60fps」に対応しているということでしょうか…?

iPhone 7/7 Plusのメインカメラは4K動画の場合、最大30fpsで撮影可能(FaceTimeカメラは1080p HD動画のみ)なので、これが60fpsとなればさらに綺麗な動画が撮影できそうですね!

ちなみに…「4K」はみなさんご存知の通りフルハイビジョンの4倍の画素数を持ち、細部まで高精細に描写される映像表示技術。

そして「fps」とは1秒間に処理するコマ数(静止画枚数)のこと。例えば30fpsなら1秒間に30枚の静止画を組み合わせて表示しますが、60fpsならその倍に。数が増えれば増えるほど、よりなめらかな動画が撮れるというわけですね。

以前iPhone 6sと7で動画の違いを撮影したのがこちら⇓(4Kではありません)なのですが、こうしてみると7でも十分キレイに感じます。

これより進化すると一体どんだけキレイになるのか…早く使ってみたいですね!

参考:iHelp BR via MacRumors

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事