iOS 11 beta4がリリース!今回は「デザインの変更」がメイン

33

2017.07.26

ryo

ryo8215

こんにちは、ryoです。

前回のアップデートから約二週間、先日iOS11 beta4がリリースされ、それと共にパブリックベータ3も公開されましたよ。

今回のアップデートでは、iOS11 beta3と比べて機能の追加は少なく、主にアイコンなどのデザインの変更が多くを占めていますが、そんな中でも新機能も着々と追加。

この記事ではデザイン以外の変更点を中心に取り上げてみたいと思います!

微妙なデザイン変更の他、一部機能が調整

今回のアップデートでは、アイコンや文字の太さなどの見た目に関わる部分についての変更が40種以上とかなり多くを占めています。

しかし、そんな中でも新たな機能も追加&変更されているので、順番に見ていきましょう!

  1. ロック画面での通知に対する選択項目が追加

見る/消す/開く の3つの項目が左右にスワイプする事で選べるようになっていますね。

2. コントロールセンターでのサードパーティ製音楽アプリの使い勝手が向上

今まで早送りなどの機能に制限がありましたが、指で好きな位置から音楽を開始出来るようになっています。

3. App Switcherの挙動が変更

タスクキルをする際によく見るあの画面、よりスムーズにアプリの終了を行えるようになったほか、起動しているアプリが無い場合にはそもそも開かなくなりました。

4. 機内モードにした時にWi-FiとBluetoothも一緒にオフに

この機能に関してはiOS11 betaがリリースされてから毎回のように変更されていますが、今回はiOS 10の機能と同様の挙動に戻りました。

もちろん、機内モードにしてからWi-FiとBluetoothを手動でオンにする事は可能ですよ。

5. 画面録画の開始時にカウントダウンが追加

画面録画を開始した際に、すぐに録画が開始されるのではなく、3秒経ってから録画が開始されるようになりました。

これで最初の余分な部分をわざわざ編集して消す必要が無くなりますね。

6. 録画開始の説明文が変更

Beta3で「配信を開始」という表現に変更されていたので、iPhone単体で実況動画が撮れるようになるのでは!?と噂になっていましたが、Beta4では以前のように「録画を開始」という表現に戻っています。

7. デバイスの最大容量が実際の値とは異なる値に

設定から確認出来る最大容量について、今までは実際に使える最大の容量が表示されていたのですが、Beta4では端末のモデルに応じた容量が表示されるようになっています。

iOS11 beta4のその他の変更点について詳しく知りたい方は、EverythingAppleProが紹介している以下の動画をご覧下さいね。

以上、iOS beta4の変更点について紹介しました。

今回は機能面に対する目玉の変更はありませんでしたが、前回変更された機能がその前のものに戻っていたりと、まだまだAppleも試行錯誤を続けている事が分かりますね。

次回の更新iOS beta5ではどんな変更が来るのでしょうか?

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事