広告ブロックアプリが消える?Appleが利用規約違反を理由にアップデート拒否か

78

2017.07.17

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

スマホでWebを見ていてイライラさせられるポイントの1つ「広告」、最近はそういったものを非表示にするブラウザアプリなどもリリースされていますね。

リリース当初から人気のあるアプリカテゴリなのですが、どうやらAppleは快く思っていなかったようです。

App Storeポリシー違反?

多様化するWeb広告、以前は固定された場所に設置されているだけでしたが、最近は突然現れたり上から下にスライドしてきたりと、動きのある広告が増えてきていますね。

スマホの操作性の問題で誤タップから広告先へ移動してしまう事も多く、こう言った広告にイライラしている方も多いかと思います

そう言った煩わしさから登場したのが、上記のようなWeb広告をそもそもブロックして非表示にしてしまうブラウザアプリ、『Adblock』などが登場しました。

基本的に有料アプリ、または広告ブロック機能を有料で提供するアプリなんですが、ユーザ的には「多少のお金を払ってでも広告を非表示にしたい」という考えが多いらしく、今でもかなりの人気を集めています。

そんな広告ブロックアプリなのですが、開発者達によると「Appleが規約4.2を理由にアップデートを拒否している」との事。

近々公開されるであろうiOS 11対応のために最新版を開発、アップデートしたいと思っている開発者にとっては致命的な状況と言えますね。

この「規約4.2」とはざっくり、「便利でもユニークでもない継続的に楽しみを提供できないアプリは禁止」というもので、広告ブロックアプリの機能はすでにSafariで(コンテンツブロッカーとして)サポートされており、「便利でもユニークでも楽しみを提供できないアプリ」と判断されてしまっているようです。

またAppleはこれらの意見に関して「我々は他のアプリや機能を妨げるようなアプリを許可した覚えはない」とした上で、「開発者が広告でお金を得られるようにサポートしてきた」と説明しており、「広告ブロック=他の開発者の妨害行為」のように捉えている事がわかりますね。

コンテンツブロッカーを含めこうした広告ブロックアプリは、いずれ全部消えてしまうのかも知れませんね。

まとめ

いかがでしたか?

広告ブロックについては終わらない論争が長年続けられておりここに結論を述べる事はできませんが、Appleの意見としては「広告ブロック反対」の姿勢のようです。

事実無料で配信されているほとんどのサービスは広告収入によって成り立っているものが多いですから、それを根本からブロックすればほとんどのサービスが無料での提供などできなくなってしまいますからね。

参考:9TO5Mac

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事