どう見ても電球だけど…実はスマホと連携する防犯カメラ「Dive-y360」がスゴい

23

2017.01.29

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

ご自宅の防犯のために、防犯カメラを購入・設置している方はいらっしゃいますか?

比較的高価で設置も配線も面倒なイメージのある防犯カメラですが、電球型IoTカメラなら簡単に導入できるかも知れません。

全方位映像+ダイブ映像

今回ご紹介する電球型IoTカメラ『Dive-y360』は電球型の360°カメラで、天井照明の電球ソケット(E26)とWi-Fi環境があればスマホで簡単に利用する事が可能。

電球ソケットから電源を供給しWi-Fiでスマホと連携するので、配置の問題や配線の問題が一気に解決できちゃいますね

撮影される映像はいわゆる全方位映像で、設置した場所を中心に360°ぐるりと撮影する事ができます。

部屋の中心に設置すれば部屋を隅々まで収める事ができ、万一の時には犯人の行動や顔なんかもバッチリ撮影可能。

全方位映像は球体型の特殊な映像なので正直ちょっと見にくいのですが、スマホで映像をスワイプすると「ダイブ」する事ができます。

イメージ的には「Googleストリートビュー」のような感じで平面の映像に変換され、まるで普段自分が見ているような視点で映像内を自由に移動できる感じに

また『Dive-y360』にはスピーカーも備わっており、災害時の家族への安否確認や指示、あるいは犯人への警告をスマホから電話するように出す事ができます。

さらに動体検知でのアラートにも対応しており、いちいちすべての録画映像を確認しなくても問題の部分の日時とその時の写真を記録、スマホに通知を出す事が可能

映像はmicroSDカードを挿入することで最大約8日分、満杯になったら古い映像に上書きしつつ録画し続けてくれます。

価格は税込み32,184円とちょっと高めですが、一般の防犯カメラの導入費用や機能なんかを考えると、お手頃なのかも知れません。

まとめ

いかがでしたか?

設置や利用開始、映像確認の敷居もかなり低く、専門知識がない人でも簡単に導入できるのがなかなか素晴らしいと思います。

残念ながら照明器具としての機能はありませんが、商品詳細が気になる方は下記URLより、商品の詳細や仕様を確認してみてください。

▶︎Dive-y360

参考:Dive-y360

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事