【人柱レビュー】iPhone 7の耐水性能をチェック!買ったばっかりなのに水にドボンといってみた結果

62

2016.09.16

ども!ともぞうです。

iPhone 7シリーズの注目新機能と言えば、PlusカメラやFeliCaの他に「待望の耐水化」があげられますが、実際どのくらいまで大丈夫なのか気になりますよね。

そこで本記事では、本日発売されたばかりのiPhone 7に水に掛けたり水にドボンと落としてみて大丈夫なのかどうか、人柱レビューをしてみましたよ。

あわせてiPhoneを濡らしてしまった場合の、Apple公式の注意点と対処法も詳しく解説します!

iPhone 7シリーズは防水ではなくあくまで耐水

ようやく来たか!というのがユーザーの正直な感想といったところである、iPhone 7/7 Plusの耐水性能追加。

ただポイントになるのは、防水ではなくあくまで耐水という点。Apple公式ページのiPhone 7の注意書きでも、耐水性能については以下のような記載が。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

長いので簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 実験環境において、IP67等級に適合している
  • 通常利用において性能低下がありえる
  • 水濡れによる損傷は保証の対象外

つまり「一応防塵防水性能としてIP67を取得しているけど、完全に保証できるものじゃないから過度に信用しないようにね。」といったところでしょうか。

と言ってもですよ、メーカーとしては保証できないよっていう話であって、IP67に適合していれば「真水に30分付けても浸水しない」レベルですから試してみたくなるじゃないですか(普通ならない)。

イメージ画像

ということで今日朝5時に起きてApple Storeにまで行って入手した私のiPhone 7を使って、その耐水性能の実力をチェックしたいと思います。

まずは水道のシャワーを浴びせることに。かみあぷでさんざん防水ケースのレビューでiPhoneに水をぶっかけてきましたが、さすがに丸裸だと緊張します…ドキドキ

はい、いったー!ザバザバ水がかかっても大丈夫。液晶面に水がかかるとタッチと認識してしまうので、かけ続けるとアプリが立ち上がったりしましたが、特におかしいことは無し!

いやーほんとドキドキもんですよ。なにやらせんだ、かみあぷ編集部。

まあここまでは元々水しぶきがかかっても大丈夫!という話なので、クリアして当たり前です。問題は完全に水に付けちゃっても大丈夫かという点。

はい、いきますよー。まじでこれは怖い怖い怖い。買った初日に壊れるとかほんと勘弁して欲しい。

と思いつつ、ドボン…はい行っちゃいました〜。

そのまま待つこと数分。とくに画面に変化もなく、元気な私のiPhone 7さん。

水から取り出して触ってみましたが、特に動作にも異常はなし。無事帰還いたしました!

ということでめちゃくちゃ心臓に悪い実験ですが、今回は水にいれちゃってもiPhoneは問題ないという結果に。

これなら、ちょっとやそっと水がかかったくらいなら大丈夫そうですよ(もちろん保証はできません)。

そして知っておきたいのが、濡れてしまった場合のiPhoneの処置。これに関してはAppleのユーザーガイドに解説があったのでご紹介しますね。

まずはついた水分をレンズ用クロスなどの糸くずの出ない柔らかい布で拭き取ること。

続いてはLightningコネクタを下に向けた状態で手の上でiPhoneを軽くたたき、余分な液体を取り除きます。今回はタオルの上でトントントンという感じでやってみました。

あとはそのまま放置でもよいのですが、水が溜まりやすいのはLightningコネクタ部のようで、ファンの冷気を直接あてると早く乾いて良いそうですよ。

そして濡れた後の注意点として、最低5時間はLightnigケーブルでの充電は行わないようにしましょう。

また水気を取ろうとLightningコネクタの穴に綿棒や紙タオルなどの異物を入れないようにとのこと。

自ら水の中に落とす…なんてことをする方はいらっしゃらないとは思いますが、テーブルの上でコップを倒しちゃってiPhoneが濡れちゃうなんてことはありがち。その場合の対処法と注意点としては覚えておきたいですね。

それと耐水になったからと言って、お風呂に裸に持ち込むのもやめておきましょう。Appleのユーザーガイドでは、iPhone 7シリーズで液体による損傷を防ぐために以下のことはやらないようにとしています。

  • 付けたまま泳いだり入浴したりする
  • 水圧が強い水や流速が大きい水をかける
  • サウナやスチームルームで使う
  • 故意に水に浸す
  • 推奨される温度範囲外または湿度が非常に高い環境で操作する

いくら耐水性能が追加されたと言っても、過度な過信は禁物です。本記事でのテストはあくまで「壊れてもしょうがない」覚悟でやったものですので、決して皆さんはマネしないで下さいね。

▶本記事内で紹介したiPhoneの取扱いに関する注意事項をもっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください!
取り扱いに関する重要な情報 – iPhone

参考:Apple

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事