意外と知らない!? LINEで使える便利な7つの設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.11.23使い方

どうもハンサムクロジです。

普段なにげなく使っているメッセージ・無料通話アプリLINE。

そんなLINEをちょっとだけ便利にする、意外と知られていない設定項目を7つご紹介したいと思います!

よく使うアプリだからこそ、少しの工夫で使い勝手を向上させましょう!!

1.トーク画面の送信ボタンをカスタマイズ

LINEトーク画面のメッセージ送信ボタンは、カスタマイズが可能です。

デフォルトでは「送信」と書かれたボタンになっているかと思いますが、ボタンを長押しすることで「送信」「無料通話」「ボイスメッセージ」の3種類のボタンに切り替えることができます!

文字によるメッセージより、通話やボイスメッセージといった機能をよく利用するという方は、ここでボタンを変更しておくと操作が楽になりますよ!!

2.一定時間通知をオフにする

トークなどを受信した時の通知を、一定時間だけオフにする設定方法です。

その他 → 設定 → 通知 → 一時停止から「1時間停止」か「午前8時まで停止」を選択すれば完了です。

LINEに邪魔されたくない時に便利に使えます!

3.QRコードをリセット

QRコードやメールによる招待を使った友だち登録はとっても便利ですが、そのQRコードやメールに添付されたURLが流出してしまうと知らない人の友だちに追加されるなど色々と問題も出てきます。

そんな状況を防ぐために、QRコードのリセットを定期的に行うようにしましょう。

その他 → 設定 → プライバシー管理 → QRコードを更新で「OK」を選択すればリセットが完了します!

4.プッシュ通知で受信内容を非表示に

LINEの通知は、デフォルトで受信したメッセージの内容が少しだけ表示されるよう設定されています。

どんな内容なのかひと目で確認できるので便利なのですが、覗き見されて他人に知られたら嫌だなと思う方も少なくないと思います。

そんな時はメッセージの内容を非表示にするよう設定しましょう!

その他 → 設定 → 通知にある「メッセージ内容表示」をオフにすれば完了です。

以下のように、内容が非表示になり、送信した相手も表示されなくなります!

5.トークのフォントサイズを変える

トークの文字が小さい、または大きすぎると感じるときは、フォントサイズを変更してみましょう。

その他 → 設定 → トーク・通話 → フォントサイズから好みの大きさを設定すれば完了です!

以下が標準サイズと特大サイズの比較です。このくらい大きさが変わります。

6.LINEの通話を拒否

LTE通信にはほとんどの場合キャリアによる制限があり、使いすぎると通信速度が遅くなるなど、困ったことになってしまいます。

無料通話アプリを利用すると例え相手からの着信であってもパケット代がかかってしまうので、通話機能を利用しなくない場合は拒否設定をしておきましょう。

その他 → 設定 → トーク・通話にある「通話の着信許可」をオフにすれば着信拒否設定が完了します!

7.他端末からのログインを拒否

最近はほとんど聞かなくなりましたが、LINEアカウントの乗っ取りなどが不安な方、PCなどiPhone以外の端末でLINEを使用しないという方は、他端末からLINEにログインできないようにしましょう。

その他 → 設定 → アカウントから「他端末ログイン許可」をオフにすればオーケー。iPhone以外からLINEアカウントにアクセスできなくなります!

ということで、以上7つの設定項目についてご紹介しました。

もし知らないものがあった方は、ぜひ設定を見直してみてください!

関連する記事

コメント