1分で作れる! ダンボール製iPhoneスタンドを自作してみたぞ!!

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

なんにでも変身してiPhoneライフを豊かにしてくれるもの、そう「ダンボール」

そのダンボールを使って1分で作れるiPhoneスタンドを自作してみました!!

とっても簡単に作れたので、その手順をご紹介します!

折って切るだけ、超簡単!

今回のDIYは以下の動画を参考にして挑戦してみました。小型のタブレットやiPhoneなどのスマートフォンを立てておくのに便利なようです。

ということで、まずはダンボールと道具を用意しましょう。ハサミ、定規、シャーペンを使います。今回はAmazonのダンボール(中に入っているうすいやつ)で作っていきます!

準備ができたらまずダンボールを切るために線を書きます。縦12cm、横15cmが丁度いいようです。

書いたらザクザク切っていきましょう!

はい、こんな板ができました。

次にその板の中心に、ハサミの背を使って折り目を付けていきます。

そしたらそこから半分に折って……。

スタンドにするための切り取り線を書いていきましょう。

こんな感じで、とりあえず適当でもオーケーです。

最後にその線にそってハサミで切り抜いたら完成です!!

じゃじゃーん!iPad miniを乗せてみました。そこそこ強度もあって、角度もちょうど良い感じです!!

さらにiPhoneでも試してみました。こちらもまずまずです! ダンボールなので角度は切り抜き加減で調節できますよ。

ハサミで作った方が手軽ですが、カッターを使ったほうがキレイに作れると思います。

ハサミを入れた時にダンボールがよれてしまうので、多少強度も下がってしまいますし、カッターを使ったほうがいいかもしれません。

簡単に作れるのでぜひお試しあれ!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事