iPhoneスタンド代わりになる身近なもの5選! 実際に作って試してみたぞ

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

手に持たずに操作したり、動画や音楽を観賞する時に便利なiPhoneスタンド。いろいろな種類のものが販売されていて、かなり個性的なデザインのものも存在します。

とはいえ「あったら便利だけど買うまでもないかな…」という人も少なくないと思います。

そんな人にオススメな手作りスタンドを5つご紹介します。実際につくってみましたよ!!

1.市販薬の外箱

まずは最も簡単に自作できたスタンド。市販薬の外箱を使います。

フタを開けて、

そこに立てかけるだけ!! 意外と安定感があって、倒れることはありませんでした。パブロンがオススメです!

2.クリップ

クリップを使ってもiPhoneスタンドを製作できます。できれば大きめのクリップが良いですが、小さくても問題ありません。2つ用意しましょう。

そしたら片方のクリップの持ち手をもう片方で挟みます。

こんな感じになりました。あとはここにiPhoneを乗せると、

完成です! 傾斜はあまりないので、机の上で見下ろす感じで使うのに丁度いいと思います!!

参考:GIGAZINE

3.フリスクのケース

口臭を気にして食べているフリスク。全部食べ終わったあとの空ケースもiPhoneスタンドになるんです。用意したケースを分解して、

以下のように組み合わせます。

あとはその空いたスペースにiPhoneを収めて立てかければオーケーです! 角度もちょうどいいし、さまざまな色のケースで作れるのでとっても楽しいですよ!

参考:Isetta Isetta Isetta

4.洗濯バサミ

こちらはちょっと変わり種。操作するためというより、カメラ機能で動画や写真を撮影する時に便利です。iPhoneをでっかい洗濯バサミで挟むだけ!!

後ろから見るとこんな感じ。安定感抜群です。

5.プラスチックカード

個人的にベストだったのはこのプラスチックカードを使ったスタンドです。とっても簡単に作れるうえ、見た目もスッキリしていてかっこいいです。

不要になったカードなどを以下のように折り曲げて、

これをこんな感じで立てます。

そこにiPhoneを立てかければ完成です! 折り曲げると割れそうになるので怖いですが、慎重にやれば大丈夫ですよ!!

参考:ライフハッカー

ということで、家にあるものでいくらでもスタンドを作ることができます。オススメはカードですが、パブロンの箱を使ったスタンドも手軽でいいですよ!

みなさんぜひ参考にして自作してみてください!!


関連記事