Apple 2024年Apple Watch UltraにmicroLEDディスプレイ搭載?その後iPhone、iPad、Macも計画中

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは自社のデバイスで使用するより多くの部品の開発を進めており、独自のmicroLEDディスプレイを開発していると噂されています。

AppleがApple Watch Ultraで最初にmicroLEDディスプレイを搭載した後、その他のデバイスにも拡大する計画がレポートされ、話題になっています。

Appleが2024年Apple Watch UltraにmicroLEDディスプレイ搭載後iPhoneなどに拡大

Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、最新のPower Onニュースレターで、Appleが開発中のmicroLEDディスプレイについてレポート。

ガーマン氏によると、Appleは、2017年頃から、極秘のT159プロジェクトを開始し、SamsungやLGなどの部品を置き換えることを目的に、microLEDディスプレイの開発を6年間継続しています。

開発されたmicroLEDディスプレイは、画面がより明るくなり、色の再現性が向上し、より多くの角度から見ることができ、デバイスのガラスの上に絵が描かれているように見える画像を作成できるとのことです。

ガーマン氏によると、Appleが開発したmicroLEDディスプレイは、2024年末に予定されているApple Watch Ultraのアップデートで最初に登場する予定で、数年後にはiPhoneに登場し、将来的にiPadやMacにも搭載される可能性があるとのことです。

ガーマン氏は、microLEDディスプレイのテクノロジーはまだ誕生したばかりで複雑なため、Macに搭載されるまでに10年かかる可能性があると、Appleの長期計画であることを伝えています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事