iPhone14メッセージとFaceTimeで不具合発生!すぐにiOS16.0.1にアップデートが必要

投稿日:

by kenji

Apple

昨日iPhone14シリーズの販売が開始。

Appleは、iPhone14の開封後すぐにメッセージとFaceTimeをアクティブ化すると不具合が発生することを、サポート文書で確認しました。

iPhone14メッセージとFaceTimeで不具合発生

9to5Macによると、AppleはiPhone14シリーズのユーザー向けにサポート文書を公開。

Appleのサポート文書によると、以下の不具合が発生するとのことです。

  • メッセージまたはFaceTime通話の受信不可
  • 別のAppleデバイスにメッセージを送信すると、青い吹き出しではなく緑の吹き出しが表示
  • メッセージの会話は1つではなく2つの別々のスレッドとして表示
  • 受信者にメッセージが間違ったアカウントから送信。たとえば、電話番号を選択したにもかかわらず、メールアドレスから送信されるなど

Appleによると、メッセージとFaceTimeで不具合が発生するバグは、iOS16.0.1で解決済みで、iPhone14シリーズのユーザーは、ソフトウェアのアップデートで問題を解決できるとのことです。

iOS16.0.1にアップデートしても解決できないときは、Appleは以下の手順をすすめています。

  1. 設定アプリで、「セルラー」をタップ。電話回線がオンになっていることを確認。複数のSIMを使用している場合は、使用する電話番号が選択され、オンになっていることを確認。
  2. 設定アプリで、「メッセージ」をタップ。次に、「送受信」をタップ。
  3. メッセージで使用する電話番号をタップ。
  4. 設定アプリに戻り、FaceTime をタップ。
  5. FaceTime で使用する電話番号をタップ

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事