M2チップ搭載MacBook Airの分解動画が話題!SSDがM1モデルよりも遅い理由が判明

投稿日:

by kenji

Max Tech/YouTube

先週M2チップ搭載13.6インチMacBook Airが発売されました。

M2チップ搭載MacBook Airの分解動画が公開され、SSDがM1モデルよりも遅い理由が判明し、話題になっています。

M2チップ搭載MacBook Airの分解動画でSSDがM1モデルよりも遅い理由が判明

M2チップ搭載MacBook Airの256GBモデルの分解動画を公開したのは、YouTubeチャンネル「Max Tech」。

Max Techは、 新型13.6インチM2チップ搭載MacBook Airを分解して、小さなマザーボードに至るまで内部を確認。

新型MacBook Airの底には4本のネジしかなく、ネジを外すと底をこじ開けることができます。

I/Oポートはすべてモジュール式で、マザーボードは非常に薄く、ファンのない冷却システムの下に隠されています。

M2チップからNANDチップやRAMまで、すべてがマザーボードにはんだ付けされています。

Max Techが分解したMacBook Airはベースモデルのストレージが256GBバージョンであったため、マザーボードにはSSDストレージ用のNANDチップが1つしかなく、ベースモデルのM2チップ搭載MacBook Proと同じようにSSD速度が遅いことが判明したとのことです。

「50m防水」は50m潜れる訳じゃない!?意外と知らない防水性能の表示アレコレ

参考: iPhone in Canada 写真:Max Tech/YouTube

関連記事