iOS16 Safari新機能追加!コラボレーション機能とセキュリティ機能

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、WWDC2022の基調講演での正式発表後、開発者向けにiOS16ベータ1をリリースしました。

iOS16では、Safariで新機能が追加され、話題になっています。

iOS16でSafariにコラボレーション機能とセキュリティ機能が追加

WWDC2022の基調講演でiOS16のSafariのアップデートが発表されました。

Safariのアップデートは、iPadOS16とmacOS13に搭載されたSafariにも適用されます。

iOS16でSafariに追加された新機能は、以下の通りです。

コラボレーション機能(共有タブグループ)

iOS16では、Safariで他のユーザーと共同作業ができるコラボレーション機能が追加されました。

Apple

Safariに共有タブグループと呼ばれる新機能が追加され、Safariからタブやブックマークを共有したり、メッセージを送信したり、FaceTime通話を始められます。

共有タブグループには、ユーザーが背景、ブックマーク、グループを表示・編集できる独自のスタートページがあります。

セキュリティ機能(パスキー)

iOS16のSafariのアップデートでは、パスキーと呼ばれるセキュリティ機能が追加されています。

パスキーはWebやアプリのパスワードをWebサーバーに保存し、エンドツーエンドで暗号化されてフィッシングやデバイスからのデータ漏えいを防ぎます。

パスキー機能では、TouchIDとFaceIDが生体認証の目的で使用されます。

iCloudキーチェーンは、iPhone、iPad、Mac、AppleTV間でパスワードを同期するとのことです。

Apple iOS16開発者向けベータ1リリース!アップデートできるiPhoneが判明

参考:9to5MacApple 写真: Apple

関連記事