AppleのAirTagを使った自動車の盗難事件が海外で多発!今後日本でも?対策は?

更新日:

by saki

AppleのAirTagは忘れ物や落とし物を探すのに便利な道具です。

ところがAirTagを使った自動車の盗難事件が海外で多発しているそうです。

AirTagを使った自動車の盗難方法

海外で発生した自動車の盗難事件

AirTagの位置追跡機能を利用して、泥棒が高級車を追跡して盗むために使用する方法です。

泥棒は、道路などの公共の場所や駐車場で見つけた高級車を標的にし、車の所有者に発見されないように、牽引ヒッチや燃料キャップなどの見えない場所にAirTagを配置します。

そして人気のないときに自動車を盗み出すようです。

アメリカで報告された車の盗難未遂事件では、AirTagをトランクの下のドレンキャップの後ろに忍び込ませていたそうです。

カナダではAirTagを使った5件の自動車の盗難事件の報告書があるそうです。

今後日本でもAirTagを使った自動車の盗難事件が発生するのか?

ショッピングセンターの駐車場や道路に駐車してある自動車に、AirTagを忍び込ませることは簡単です。

狙いを定めた高級車へAirTagの位置追跡機能を利用した自動車の盗難事件が発生する可能性もあります。

AirTagを使った犯罪に対する対策

AppleはAirTagを使った犯罪を予防するため、不審なAirTagがある場合にiPhoneに通知する対策をとっています。

 

  1. 不審なAirTagをiPhoneが検知
  2. iPhoneで「AirTagがあなたの近くで見つかりました」と通知
  3. AirTagを発見するために「サウンドを再生」
  4. 鳴った音でAirTagを発見

また、AppleはAirTagの所有者を特定する際に法執行機関と犯人捜査に関し協力を明言しています。

参考:FOX2MacRumors

写真:Apple


関連記事