【iOS14】周りの音を識別し通知する音声認識機能とは|ドアベルなどを認識し通知する設定方法を紹介

投稿日:

by しんや

iOS14には周りの環境の音を拾い、その内容を通知してくれるアクセシビリティ機能が実装されたようです。

この機能により、聴覚に障がいのある人を中心に、ドアベルやアラーム音などを聞き逃す頻度がグッと下がるかもしれません。

環境音を拾って通知してくれるiOS14の新機能とは

iOSには、障がいがある方の助けになるような機能がアクセシビリティとしていくつか用意されています。

iOS14には様々な機能が追加されましたが、このアクセシビリティにも複数の新機能が追加されています。

その一つが、「周りの環境音を読み取りユーザーに通知する機能」です。聴覚に不安のある人にはかなり便利な機能となりそうです。

ただし、例えば作業に集中するためにノイズキャンセリングのヘッドフォンを装着しているユーザーが、ドアのベルや呼び声に気付くようにできたりと、多くの人にとっても使い道のある機能となりそうです。

聞き分けができる音の種類には、ドアベル、アラーム、動物、ドアのノックなど家の音、そして赤ちゃんの泣き声など多種多様です。

iOS14の音声認識機能を有効にする方法

iOS14で、音声認識機能(Sound Recognition)を有効にするためには以下の手順を行います。

まず、設定アプリから「アクセシビリティ」の項目を開きましょう。

Image Source:9TO5Mac

そのまま下へスクロールすると聴覚サポートのグループに「音声認識機能(Sound Recognition)」が確認できます。

それを選択すると有効にするためのトグルがあるので有効へ切り替えましょう。

Image Source:9TO5Mac

有効にすると、次はどの種類の音を聞き分けるか選択する必要があります。

Image Source:9TO5Mac

例えば、火災探知機や、犬と猫の声、ドアベルの音や赤ちゃんの泣き声など、自分に必要なものだけ選択します。

これで、設定は終わりです。設定後にもしもiPhoneが該当する音を聞き取った場合、ユーザーには通知として届くようになっています。

Image Source:9TO5Mac

Apple Watchと組み合わせれば通知を逃すこともなさそうなので、活躍の場面は広がりそうですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事