LINEで「画像内の文字起こし」が可能なAI登場! 画像を送信するだけ超簡単

投稿日:

by ゆう

これは便利だ……!

LINEで画像内の文字起こしをしてくれるAI「文字起こし君」が登場しました

画像を送信するだけで、画像内の文字を起こしてくれるというスグレモノ。非常に便利なので、ひとまず友だち登録しておくだけでもいかがでしょうか!

トークルームに画像を送信するだけ

「文字起こし君」は、プログラマーのDaiさん(@never_be_a_pm)がその完成をツイートしたことで広まりました。

使い方は簡単。まず「文字起こし君」を友だち登録します。

友だち登録のやり方が今のところQRコードしかないようなので……、この記事をiPhoneで読んでいる方には申し訳ないのですが、PCもしくは他のスマホでQRコードを表示してお進みください。

友だち登録できたら、あとは2ステップで画像内の文字起こしができます。たったの2ステップ。

  1. 文字起こし君のトークルームに画像を送信
  2. 文字起こししてくれる

実際にやってみますね。

文字起こしして欲しい画像を送信すると、「今文字起こししてるからちょっと待ってな。」という自動返信が。ちょっと待ちましょう。

自動返信によると、

ちょっと仕事放棄することもあるけど許してな。結果返ってこなかったら、ほかの人から文字起こしの仕事頼まれすぎてて、パンクしてるときなんだと察してな。

とのこと。わかった!察するで!

……その後もあぁ仕事が忙しいんだなぁと察していたのですが、残念ながら何度依頼しても文字起こしの仕事は放棄され続けました……。今ちょうど話題になっているタイミングなので、ちょっとパンク気味だったようです

すみません、当記事では文字起こしができませんでしたが、時間をおいて依頼すればそのうち文字起こししてくれると思います!

実際、Twitter上には利用した方からの便利だという声があがっています。画像を送信するだけですからね。しかもそれをLINEで実現したことで、誰でも使えるようになったのもスゴイところではないでしょうか。

画像内の文字起こしと言えば、以前「Googleドライブを使った画像内の文字起こし」をご紹介しました。以下のような手順で利用可能。

  1. Googleのオンラインストレージサービス「Googleドライブ」に本の写真をアップロードする
  2. その写真をGoogleのオフィスソフト「Googleドキュメント」で開く
  3. その本(写真)に書かれている文字が書き起こされている
  4. 書き起こされた文字はコピーなど編集がもちろん可能

こちらも非常に画期的な機能でしたが……、おそらく今回ご紹介したLINEでの画像内文字起こしのほうがラクそうな気が。

勉強でも仕事でも使える場面がありそうなので、とりあえず友だち登録いかがでしょうか。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事