今すぐ確認!Apple関係者が指摘するiPhoneに関する10の間違い

投稿日:

by HikaruSano

お世辞にも安価な商品とは言い難いiPhone、できるなら次のiPhone購入の目処が経つまで長く安全に使っていたいですよね。

ただ我々が「iPhoneの当たり前」と思っている事でもApple関係者からすれば「今すぐやめるべき」とする事もあるそうで、特に間違いであるとされる行為トップ10が公開されていました。

10.パスコードを使わない

第10位は「パスコードを使わない」、Touch IDやFace IDは元よりそもそも端末を何らかの方法で保護していないユーザは非常に多いそうで、Appleは2013年に世界中のiPhoneユーザの半数がパスコードを設定していないと発表したほど。

端末保護は盗難被害や不正利用を防ぐだけではなく、例えば警察などの法執行機関に秘密裏にプライバシーを侵害される事なども防いでくれます。

9.全てのアプリに位置情報サービスを許可

第9位は「全てのアプリに位置情報サービスを許可」、位置情報を利用するアプリは非常に多いですが、全てのアプリに許可を出しておくと電池の減りが早くなったり、場合によってはプライバシーが侵害される恐れもあるとの事。

位置情報の許可状況については、【設定】>【プライバシー】>【位置情報サービス】から確認できるので、新しいアプリをインストールした際などに確認するようにしましょう。

8.電源が落ちるまでiPhoneを使用

第8位は「電源が落ちるまでiPhoneを使用」、状況にもよりますがiPhoneを電源が強制的に落ちるまで使用する人は比較的多いそうで、ここまで電池を減らす事は電池の寿命を削る行為になるそうです。

iPhoneに搭載されている電池には「充放電サイクル(充放電できる回数)」と呼ばれる寿命があり、頻繁に充電を繰り返す事は推奨されませんが、充電を使い切る行為はそれ以上に電池の寿命を縮めるので気をつけましょう。

7.iPhoneの電源を切らない

第7位は「iPhoneの電源を切らない」、日常で利用するものなのであまり意識する人はいませんがiPhoneはPCに非常に近い構造をしており、電源がずっと付けっ放しだとソフトウェアが余計な情報を保持し続けたり、電池に負担がかかり過ぎるとの事。

定期的に電源をオフにする事でソフトウェアをリフレッシュしたり電池への余計な負荷を減らせるそうで、できれば毎日1回、最低でも週に1回はiPhoneの電源を短時間落とす事がApple Genius Barスタッフによって推奨されています。

6.iPhoneの画面を清掃しない

第6位は「iPhoneの画面を清掃しない」、様々なメディアで普段使いのスマホ画面が衛生的ではない旨の情報が配信されていますが、その原因の1つに「画面を清掃しない」という使い方の問題が指摘されています。

精密機器なので丸洗いなどは不可能ですが、除菌効果のあるアルコールシートでしっかり拭くだけでもかなり清潔になるので、清潔さを保つためにもできれば1日に1回は清掃するようにしましょう。

5.アップデートしない

第5位は「アップデートしない」、時間がかかりかつ一定時間操作不能になるなど面倒なアップデートですが、基本的にはバグやセキュリティホールの改善がされているアップデートを行わないのは、単純に端末を危険に晒す事になってしまいます。

iPhoneは深夜に自動アップデートを行う仕組みも実装されていますので、アップデートが配信された場合は充電器に接続して自動アップデートを有効にしておくと良いでしょう。

4.バックアップをしない

第4位は「バックアップをしない」、基本的にバックアップが必要になる緊急事態というのはそうそう起きませんが、万が一の際に絶望した事があるユーザも少なくありません。

iPhoneの自動バックアップはiCloud、またはPCに接続した際に自動で行う事もできますので、万一の際に全てのデータを失ってしまわないようにバックアップは取るようにしておきましょう。

3.ストレージを限界まで使う

第3位は「ストレージを限界まで使う」、最近はストレージ容量が大きいモデルも登場していますが、ストレージ容量を常に限界近くで維持するべきではないとされています。

ストレージ容量が限界近くで維持されるとタスク実行に問題が発生する事もあるそうで、常に全容量の10%ほどの空き容量を維持する事が望ましいとの事。

2.充電中にケースを外さない

第2位は「充電中にケースを外さない」、iPhoneは放熱を外装金属部分に依存しているのですが、ケースの種類によってはこの放熱が阻害され一番発熱しやすい充電時に予期せぬ事故や端末の故障に繋がるそうです。

バンパータイプや放熱を考慮されたデザインの物は問題ありませんが、手帳タイプなど明らかに放熱を阻害しそうなケースを利用している場合は充電時、多少面倒でもケースを外す方が良いでしょう。

1.サードパーティ充電器を使う

第1位は「サードパーティ充電器を使う」、iPhoneの充電には純正のケーブルや充電器を利用する事が推奨されていますが、比較的安いサードパーティの商品を利用している人も少なくないでしょう。

しかしイギリスのチャータードトレーディングスタンダード研究所の調査によれば、サードパーティ充電器の99%が基本的な安全性テストに失敗したとの研究結果を発表しており、端末を安全かつ長生きさせる為にも純正ないしMFi認証品を選ぶようにしましょう。

まとめ

これらの間違いはあくまで数ある間違いの中の一部だそうですが、10項目の内いくつか該当している人がほとんどかと思います。

筆者は以前の失敗(データ死亡)からなるべく気にはしているものの2項目該当してしまいましたが、皆さんは何項目当てはまっていましたか?

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られていない

参考:iDropNews

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事