Touch IDはスリープボタンに内蔵!?最新リーク情報を元にしたiPhone 8の3D画像の電源ボタンに注目

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

毎年9月の発表が近づくにつれ次期iPhoneの最終形が見えてくるものですが、今年のiPhone 8はいまだに情報が錯綜してますよね。

そんなiPhone 8についてForbesが、最新のリーク情報を元に再現したとされる3D画像を公開しているのでご紹介します。

一体何が今までのデザインと異なるのか、注目ですよ!

Touch IDの為にスリープボタン(電源ボタン)を大型化か

iPhone 8の外観や機能に関しては今まで様々なリーク情報が出ていますが、いまだにハッキリしないのがTouch IDの位置ですよね。

先日かみあぷでも今まで出ている情報を整理してご紹介しましたが、現時点でiPhone 8のTouch IDに関しては以下の4つの情報が出ていてハッキリしない状態。

  • 液晶に内蔵
  • 背面のAppleマークもしくはその周辺に配置
  • スリープボタン(電源ボタン)に内蔵
  • Touch IDは廃止され代わりに顔認証を採用

そんな中でForbesが、ケースメーカーから入手したとするCADデータを元に3D画像を公開したんです。

Nodus and Gordon Kelly via Forbes

こちらぱっと見は今までのリーク情報からは大きく変わっていないように見えるのですが、Forbesが注目しているのは、スリープボタンのサイズ。

Nodus and Gordon Kelly via Forbes

iPhone 7の画像と並べてみるとよく分かるのですが、大きさが約2倍近くになっているんですよね。

このことから、最新情報として特許も取得していることもあり液晶への内蔵を諦め、Touch IDのスリープボタンへの内臓をAppleが選択している可能性があるとみているんです。

そうじゃなければ、わざわざスリープを切り替えるボタンを大きくする必要がないですからね。

確かに過去のリーク写真を改めて見てみると、いくつかはスリープボタンが大きくなっておりAppleがその選択を考えたとしても不思議ではありません。

iPhone 8と思われる端末 Photo by BGR

そんなTouch IDの情報が錯綜する一方で、iPhone 8の発表・発売時期に関しても複数の情報が乱立する状態。

  • すでに生産検証試験に入っており、例年通りの9月に発表される
  • 9月には発売されるが、初回出荷は極端に少ない
  • 11-12月まで量産は開始されず、発売はずれ込む

このことからもなんとなくですが、例年よりもiPhone 8に関してはいくつかの問題を抱えAppleが苦戦しているようにも見えます。

所詮リーク情報と言ってしまえばそれまでですが、今までのiPhoneとは違う何かを生み出そうとAppleが挑戦していると思うとちょっと期待したくなりますね。

参考:Forbes

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事