もしもiPhoneが1900年代に誕生していたら…名作映画に溶け込んだApple製品がカッコいい

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

2007年に登場したiPhoneですが、もしも1900年代に生まれていたとしたら…?名作映画にこんな感じで溶け込んでいたかも。

オードリー・ヘップバーンはiPhone 7で自撮りし、チャップリンがiPodで音楽を聴き…なんともカッコいい画像をスペインのグラフィックデザイナーが制作し公開しています。

古き良き時代に馴染むApple製品

スペインのグラフィックデザイナーPablo Larrocha氏は、1928年に公開されたチャールズ・チャップリンの映画「サーカス」を見ている時、登場人物がジャケットからiPodを取り出しヘッドフォンをつける…というシーンが思い浮かんだそうです。

そこからアイデアを膨らまし、名作映画にApple製品を溶け込ませる作品「Timeless Apple」を制作。ということでその作品をさっそく見てみましょう!

まずはサーカスのワンシーンがこちら⇓

ここにApple製品を付け足すと…iPod nanoがめっちゃ溶け込んでる…!

さらにこちらは映画の中ではないですが、1965年のアカデミー賞でオードリー・ヘップバーンとジュリー・アンドリュースを撮した1枚が…

オスカー像がiPhone 7になり、自撮りしている場面に変化!

他にもポール・ニューマンの腕にApple Watchが見えたり、

バック・トゥ・ザ・フューチャーにはiPad Proが登場していますよ!

確かに時代は違うんですが、どれも上手く風景に溶け込んでいますよねぇ。Appleのシンプルでスタイリッシュなデザインだからこそ…でしょうか。

こちらではPablo Larrocha氏の他の作品も見られるので、ぜひ見てみてくださいね!

参考:Cult of Mac

関連記事