充電中のiPhoneだとTouch IDが上手く認識してくれない?その原因は充電器かも

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

iPhoneのロック解除やアプリの購入などで利用するTouch ID。

いつもは何の問題もなく使えるのに、なぜか充電中だと上手く指紋を認識してくれない…そんな経験がある方、その原因、実はiPhoneではなく「充電器」かもしれません!

Touch IDが認識してくれない理由は

充電中でも使いたいiPhone、しかし「ロックを解除するのに指紋を上手く認識してくれない、結局パスコードを入力することになり手間!」なんてことが頻繁に起こるなら、充電器を疑いましょう。

そもそもTouch IDを正しく使うためには、登録してある指をホームボタンに置く…だけでなく、ホームボタンの周りのステンレススチールリングに触れる必要があります。

指紋の凹凸を測定することにより認識するわけですが、実はここに「電位差」が用いられているんですね。

そしてAppleの純正品もしくはMFi製品以外の充電器を使っている場合、その電位差を邪魔する電気ノイズが発生する場合があるそう。

この充電器が発する電気ノイズにより、Touch IDが上手く動作しなくなる…というわけです。

ということで、もしも充電中のiPhoneだと上手くTouch IDが認識してくれず、充電器も純正品orMFi製品以外を使っているなら、充電器を変えてみるといいかもしれません。

ちなみに…粗悪な充電器は発火の原因にもなる場合もありますので、純正品もしくはMFi製品を選ぶようにしたいですね。

▼普段もTouch IDが認識してくれない…なんて方はこちらをどうぞ
Touch IDの反応が悪いという人へ!超簡単に認識率を上げる方法

参考:iMore

関連記事