【要確認】iOS 10.3で一部のiCloudサービスが自動的にオンになる問題が発生

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

先日iOS 10.3.1がリリースされましたが、その前のバージョンであるiOS 10.3に「iCloudに関する不具合」があったことが報告されています。

なんでもiOS 10.3にアップデートした一部のiPhoneにおいて、「アプデ前にはオフにしていたiCloudサービスが勝手にオンに変更されている」というものだそう。

自身のiPhoneは大丈夫か、一度確認しておいた方が良さそうです!

iOS 10.3にアップデートしていたら、一度確認を

アップデート前にオフにしていたiCloudサービスがアップデート後勝手にオンになっている、という不具合があったことが確認されました。

Appleは一部のユーザーに対し、

We discovered a bug in the recent iOS 10.3 software update that impacted a small number of iCloud users. This may have inadvertently reenabled some iCloud services that you had previously disabled on your device.

We suggest you go to iCloud settings on your iOS device to make sure that only the services you’d like to use are enabled.

(意訳)iOS 10.3のアップデートにおいて、一部のiCloudユーザーに影響のある不具合が発見されました。以前は無効にしていたiCloudサービスが有効になっている可能性があります。

iCloudの設定から使いたいサービスのみが有効になっているか確認することを推奨します。

というメールを送信している模様。

iCloudの設定については、iPhoneの設定アプリから最上部のアカウント→「iCloud」と進むと、

各サービスのオン・オフを確認することができます。

ちなみにiOS 10.3.1ではこの不具合は解消されており、iOS 10.3を飛ばしてiOS 10.3.1にアップデートしたユーザーは影響を受けないとのこと。

一度でもiOS 10.3にした方は、念のため確認しておいた方が良さそうです。

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

参考:Mac Rumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事