リーク…?iPhone工場関係者から「次期iPhoneのプロトタイプ画像」が流出か

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

2017年に発売されるであろう次期iPhone、「8」「エディション」「X」など末尾の名称も不確か、外装や各種仕様も識者によっては全然違う内容が語られています。

そんな中、「サプライヤーから試作品の画像を入手した」というリークがあったのですが…。

出処はサプライヤー工場

iPhoneの組み立てでお馴染みのFoxconn、規模的にもAppleから絶大な支持と信頼を得ていると思うのですが、どうやらその関係者から「iPhone Editionの試作機の画像」が流出してしまったそうです。

過去の発売次期から見てもあと5ヶ月ほどで発売される見込みですが、一体どのような仕上がりなのでしょうか?

上図がリークされた「iPhone Editionの試作機の画像」で、パッと見た感じは

  • 画面ベゼルの大幅な削減と表示域の巨大化
  • 物理ホームボタン削除
  • 仮想ホームボタンの表示
  • デュアルカメラが縦並び
  • 背面にTouch ID(?)
  • 電源・音量ボタン削除

が確認できます。

外装の噂では「3Gの頃の丸みを帯びたデザイン」「背面ガラス」「背面セラミック」「フロントデュアルカメラ」などもありましたが、この画像ではそれらの特徴は見られませんね。

iPhone 3G(?)と並べられた画像がありますが、見た感じiPhone 7 Plusとさほどサイズ感は変わらないように見えます。

この画像が本物なら、見た目的にはそれほど革新的な変更はなかったと言われそうですね。

さて問題の他の指揮者やファンの反応ですが、筆者も彼らと同様に「コレ、Galaxy S8+じゃね?」というのが素直な感想でした。

ベゼル形状こそ全然違いますが、リリースで世界中で再度注目を集める事に成功した『Galaxy S8+』の画像と見間違えるほど似ており、一部でもすでに「コラ画像」「ガセ」など囁かれています

仕様は画像なのではっきりしませんが、「背面に生体認証」、形状の似た「スタンドアウトスクリーン」はSAMSUNG側に文句を言われたらぐうの音も出ないでしょうし、Appleが頑なに廃止しない背面のアンテナ感度用「Dライン」も見当たりません。

特に「Dライン」は背面素材がステンレススチールである場合廃止する事はまず間違いなく無く、筆者は「Dラインの廃止」「電源・音量ボタンが見当たらない」事からこの画像が、偽物であると考えています

まとめ

いかがでしたか?

背面にTouch IDが実装されるにしても、「リンゴマークに各種機能を実装する特許」を取得したAppleがリンゴマークの下にTouch IDのスペースを設けるのは不自然に思います(技術的にTouch IDのリンゴマーク化は簡単にできるそうです)。

「電源・音量ボタンが見当たらない」のも今までのiOSの仕様上かなり考えにくいと思うのですが、皆さんはこのリーク、本物だと思いますか?

参考:iDROP NEWS

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事