あなたの善意が仇になることも…SNSの「行方不明の子供を探している」のシェアに警察が注意呼びかけ

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

TwitterやFacebookを使っていると、たまに【拡散希望】のついた「行方不明の人を探している」という投稿を見かけることありますよね。

少しでも助けになればとシェアして広めたくなるところですが、実はそう簡単な話ではなく「安易にシェアしないで」と海外の警察が注意を呼びかけていたのでご紹介します。

ちょっとした善意のつもりが、知らないところで誰かを危険な目に遭わせてしまうかも知れない…可能性があることを知って下さい。

「行方不明の人を探しています」の投稿は必ずしも全て本物とは限らない

TwitterやFacebookを使っている人であれば一度はリツートで流れてきて見たことがあると思うのが、「行方不明のペットを探しています」といった投稿。


近所に張り紙をしたりビラを配ったりしても個人では限界があるので、SNSの拡散力を活用することで広く知れ渡り結果、貴重な目撃情報が出てくるなんてこともあるでしょう。

他にも自動車や自転車を盗まれました…見かけた方はお知らせ下さい!と言ったパターンも見かけることもあり、何か助けになればとリツイートやシェアをしたことがある方もいるんじゃないでしょうか。

そんなSNSの活用ですが、王立カナダ騎馬警察は「行方不明の子供を探しています」をシェアする時は注意をしてほしいと呼びかけているんです。

一体どういうことなのか、投稿された文章を順番に見ていくと…

Facebook上の行方不明者 - (Facebookで)あなたがシェアした行方不明の子供は、実際には行方不明ではないことがあります。


子供が行方不明と聞けば、さぞや親は心配だろうとシェアしたくなりますが、どうやら全てが全てそれが本当だとは限らないということのよう。

どういうことかというと…

実際には子供たちは、自身の安全の為に隠れているかもしれません。
例えば、裁判所の命令により子供たちに接触することを禁じられている親が、子供が行方不明だと写真を上げている可能性があります。
他の親と子供は、自分の身を守るために隠れているかも知れません。
これらの写真(投稿)をシェアすることで、(彼らを)人生を危険にさらす可能性があります。

つまり実際には行方不明ではなく、何かしらの事情で親から逃げるために行方を隠している子供も居れば、なんとかして法的に会えない子供の所在を突き止めたいと思う親が投稿している場合もありえると。

もちろん全てが全てそのような事情で投稿されているとは限りませんが、盲目的に信じてしまってシェアすることが必ずしも良いことにつながるとは限らないということですね。

そのようなことにならないように王立カナダ騎馬警察はシェアする前に、そのソースを確認してほしいと呼びかけてます。

シェアしている写真のソースを常に確認して下さい。確認が取れている警察が発信されてたものではない場合や、警察が積極的に捜していることを示す評判の良い新聞やメディア支局のリンクがついていない場合は、正当なものでない可能性があります。

確かに考えてみれば、私がストーカーのような立場だとして相手の女性がある時いなくなってしまって居場所を知りたいと思ったとします。そうすると自分で探すには限界があるので…

TwitterやFacebookで「姉を探しています。」とか「友人の家族が行方不明で情報を求めています。」など顔写真付きで投稿するなんて方法が考えられますよね。

いやいや自分で考えておいて、これはやられたらめっちゃ怖い。そしてうまくすればものすごい勢いで拡散して勝手に情報が集まってくるという。

そんな行為に自分が荷担しないために抑えておきたいのは、行方不明情報のソース確認。例えば下記のようなツイートでは、自治体のHPへのリンクなどもあり大丈夫と確認できます。


ただすべてがすべてこういう確認ができる訳ではないので、特に「人が行方不明で探している」という投稿は安易にリツイートやシェアしないというのが一番だと思います。

自分は善意のつもりでも、知らず知らずの内に誰かの悪意に荷担しているなんてなりたくないですからね。


関連記事